ゲートウェイ Gateway MX3301j

GPU
GeForce Go 6100
◆ 購入のきっかけと価格
ベスト電器で特価49,800円で売られていたことから衝動買いしてしまいました。

◆ 体感速度の変化
AMD Sempronの性能はどの程度かわからなかったのですが、
Socket S1世代のL2 512KBで64bitも対応していますし、
Athlon64系とざっと比較して1.6GHz、シングルコア相応のパフォーマンスでした。
ヘビーな事をしない限り速度的には十分だと思います。

◆ 液晶の質
最近のGateway共通の下側からの一灯式の為に上下によって明るさが異なるので
気になる人は気になるかも知れませんが、私の感覚では十分だと思います。
あえて言うならば光沢液晶が私自身の好みでは無いので低反射タイプも設定して欲しかったです。

◆ キーボード:配列やタッチ
AKIAKIさんの指摘したF12キーはあります。(ロット違い?)
ストロークも十分でHDDがタッチパッドの下なのでパームレスト部分が暑くなることはありません。
たわみは強く押し込んだありますが普通の使用ではあまり気にならないのではと思います。
気になったといえばタッチパッドのボタンのクリック。
スイッチが内側にある為に外側を押すと沈み込みが多いです。

◆ サウンド
普通な音です。スピーカーが前にあるので音は良く聞こえます。

◆ 筐体:質感や強度
落ち着いたシルバーとタッチパッドのグレーで配色は悪くないと思います。
ただ、過去のモデルの3538JPと比較すると成型が安っぽく感じてしまいます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
左側 : USB 2.0×3、ExpressCard×1、カードリーダー
右側 : DVDマルチ、LAN、モデム、モニタ出力 D-SUB
前側 : マイク入力、ヘッドフォン出力
後側 : 右側に電源コネクタ

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
CPUが発熱した際に動作するCPUファンは静かな所では気になるかと思います。
光学ドライブの動作音はそこそこうるさい音が出ます。
ただ半イジェクト型トレイ式ドライブでは普通だと思います。
HDDの音は気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
6セルバッテリーを搭載しているので3538JP、MX1020j、MX6628jと比較しても
バッテリーの持ちが良いです。
重さは、14インチノートの一般的な重さです。

◆ その他
MX1020jからメモリ交換で不要になった512MBを取り付けて、
無線LANはIntel 2915ABGを取り付けました。
この2点で大分使えるPCになりました。

◆ 総評
メモリが256MBという点で性能をまったく評価されていなかったノートだと思います。
512MBだとVista Capableになりましたし、1GBだとPremium Readyになるスペックを満たしているだけに残念です。
標準のメモリが512MB以上、HDDの容量が80GB程度、無線LAN付だったら結構良い評価がされたのではと感じます。
ただ、ここを押さえておけば安く変えたのでその意味ではお買い得なノートでした。