アップル MacBook Pro MacBook Pro

GPU
MobilityRadeon X1600 [Mac]
◆ 購入のきっかけと価格
ぷらっと立ち寄った秋葉原Sofmapで処分特価で販売されていて、思わず衝動買い。
Core2Duo機も出ていましたが、\159,800という価格に負けました…
MacはIntel Macminiがあるので、あくまでWindows機として使用してみようと(笑

◆ 体感速度の変化
Windows機として十分な速度で動作します。
最新のBootcampでは2本指をトラックパッド+クリックによる右クリック、
2本指でのスクロール、iSightやイジェクトキーなどMac用キーのWindows用ドライバ
も用意されており、通常使う分には十分環境が整ってきたと思います。
ただ省電力機能などがまだのようで、Macのつもりでスリープしていると復帰しないことがありました。

はい、あとMacとしても十分に早いです(笑

◆ 液晶の質
十分に奇麗だと思います。
15インチ1400x900も細かすぎず丁度良いと思います。
なお周囲の明るさを検知して画面の明るさを調整する機能は、Macでしか有効ではありません。

◆ キーボード:配列やタッチ
キータッチには特に文句はありません。
JISキーボードは中心が若干左に寄っており、トラックパッドの位置が
私は少し気になります。(USキーを選択すると解消します)

カナ/かな、英数キーはありますが、半角/全角キーが無いので少し違和感あり。
その他はJISキーボードですが大きな問題はありません。

Macではファンクションキーに画面の明るさ、音量などがアサインされていますが、
Windowsでは機能しません。キーボードバックライトも。
またWindows時だけトラックパッドの動きが悪いです。マウスは現状必須ですね。

◆ サウンド
特に不満はありません。あの薄さで十分かと思います。
ただ、初代モデルのせいか、バッテリー駆動していると「チーチー」音がします。
基盤上のコンデンサ鳴っているそうで、仕方ないかなとも思いますが…
バッテリー駆動時に大変静かなので気になりますね。

◆ 筐体:質感や強度
質感は最高!凹みには弱そうで、タフに使うには向きませんね(^^;
ただ過去PowerBookを使ってきた経験ですが、アルミボディの外装は意外と強いです。
ぶつける、落とすには弱いですが、汚れや小傷は目立ちません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが少ない(2個)のが少し不満ですが、特に文句ありません。
MagsaefeやDVIコネクタなど、通常のノートには無い利点もありますし。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
バッテリー駆動だと大変静かです。
3Dのゲームを動作させるととたんにうるさくなりますが、あの筐体の薄さなので仕方ないかと。
普段の使用->静か、3Dゲーム時->うるさい、で割り切っています。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体2.5kgなので、たまに持ち出す程度なら持ち出せます。
ACアダプタはちょっと大きめです。
バッテリーはウェブ+iTunes程度なら4時間程度持ちます。

◆ その他
Doom3はXGAで十分遊べる速度で動作します。
1944は1400x900でストレス無く動作します。
Mobility Radeon X1600は標準ではコア/メモリ:310/310にダウンクロックしています。
(バッテリー、熱対策?)
ベンチの結果は、ATIToolでX1600本来の475/430にクロックアップしています(笑
騒音、熱はは大きくなりますが、動作は問題ありません。

◆ 総評
1台で2台美味しいMacBook Pro。
BootCampはまだβなので、これからの正式リリースが楽しみです。
またX1600ならVistaも十分に動作すると考えられ、実に3台美味しい(笑
ゲーム、TV系などWindowsが強い分野では積極的にBootcampを使うつもりです。