ソニー VAIO VGN-SZ82S

GPU
GeForce Go 7400
◆ 購入のきっかけと価格
以前使っていたプリウスデッキDN33Jに対して不満は無かったのですが、もう3年くらい使っているので物欲から買いました。
SZを選んだ理由は、内容からして価格が安いと感じたためです。
価格は、ソニースタイルにて購入し154800円でした。

◆ 体感速度の変化
メモリが増えたこととデュアルチャンネルによると思いますが、全体的にレスポンスがよくなったと感じます。

◆ 液晶の質
液晶は新品の割にはそれほど明るくなく、色合いがキツく感じ目に痛い気がします。
また、ビデオカードのせいかもしれませんが色の再現性が悪い気がします。特に白が強くでる傾向を感じます。
(以前から、ATIのビデオカードが付いているノートをよく使っているためかもしれません。ATIの方が暖色系と聞きます。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーボードの配列は問題ないと感じました。ただし、小型のノートの割にはキーが大きく、私にはかえって打ちづらくかんじました。
タッチは、ぺこぺこしてます。すんごくペコペコ&フカフカしてます。VAIO-Zから乗り換えると、すごい衝撃を受けると思います(笑)

◆ サウンド
小型のモバイルノートの分類に入ると思うのですが、思いのほか良い方だとおもいます。以前つかっていたDN33Jは本体にウーファーもついてるモデルだったのですが、それと比較しても及第点です。ただ映画には向かないかもしれません。

◆ 筐体:質感や強度
質感はスゴクいいのです。特にパームレストがアルミなので、プラスチックと違い塗装がハゲて汚くなる心配がないのでいいと思います。VAIO-Zなんかはプラスチックなのでスグはげました。
強度は、液晶の裏を押しても液晶にムラ(押されてでる、虹模様?)がでないのでいいと思います。ただ、液晶を閉じたときに、本体と液晶にせん断力を加えるとひずみます。ヒンジ部の横方向の剛性が無いのかもしれません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
コネクタの数、配置共に問題が無いと思います。ただ、贅沢をいえば、モデムやLANにカバーがついているなら、VGAやiリンク端子にもカバーをつけて欲しかったです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
問題が無いと思います。スゴク静かではないですが、気にならない程度です。
特に甲高い音を出さないので耳障りではないです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
常時モバイルする前提ではないので、十分すぎるほどの軽さです。
ただ、ACアダプタは非常に大きいです。このサイズのノートは電車や飛行機の中で移動しながら使うタイプではないので、アダプタの持ち歩きが前提だと思います。だからこそACアダプタを小さくして欲しいと感じます。