ソニー VAIO VGN-S91S

GPU
MobilityRadeon 9700
◆ 購入のきっかけと価格
ふとしたことから、Mac版のWolfenstein Enemy Territoryにハマってしまい、その時のMac(iMac G4 / GeForce FX 5200)では
画質設定を下げても平均20-30fps、マップによっては一桁fpsまで落ちてオンラインFPSとしてはきつかった事があり、
なるべく場所を取らないノートPCとして購入。

値段はよく覚えていませんが、約16万円くらいだったと思います。MacでFPSにハマったのをきっかけとして、
このVaioでTrueCombatなどのMODや他の色々なFPSをやるようになりました。

◆ 体感速度の変化
3D性能としては、GeForce FX 5200 (64MB)からMobility Radeon 9700 (64MB)なので、見た目的にもハッキリと速くなりました。
fps値は同じWolfenstein Enemy Territoryで、前者が20-30fpsだったのに対し、後者では、ほとんどの状況で90fpsとなりました。
CPU性能としては、この機種が登場した頃のPentiumMは省電力でPentium4より高性能という印象が強かったと思います。

◆ 液晶の質
小型ノートですので、明るさがちょっと足りない感じがします。
普段使用では気になりませんが、FPSとかではガンマ値を設定しないと、場面によっては暗くて見づらい事もよくあります。
Cinema Displayと比較してしまうのは酷ですが、発色は色褪せている感じがしますし、視野角も結構狭く、白色は横から
見ると黄色く見えてしまいます。

◆ キーボード:配列やタッチ
配列は一般的なUSタイプで使いやすいです。
タッチの感覚もVaioのキーボードは評判が良くないそうですが、個人的には全然気になりません。
ゲームをやるときは、USBの外付けキーボードを使います。
特定のキーを酷使するとそのキーが痛んでしまったり、表面が削れてツルツル感が出たりするからです。

◆ サウンド
ヘッドホンや外部スピーカーを使えば問題無さそうです。

◆ 筐体:質感や強度
プラ製ですが、しっかりした質感があります。
バッテリを装着してロックしても、外れることはありませんが遊びがありカタカタします。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
DVDが前面にあるので、例えば狭い場所でもトレイが出せるところが嬉しいです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
冷却ファンは結構回ります。
ハードディスクは7200回転タイプに換装してしまったため、音は結構大きくなってしまいました。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタが薄型で、ケーブルは小さくまとめやすいので使いやすいです。
PentiumM FSB 533MHz以降のTypeSは、大きなACアダプタになってしまいました。

◆ その他
※すべてオーバークロックし、画質設定にてAAはオフにしています。

Battlefield 2 ★★★
 オンライン時はfps値が低くてカクカクではキツイので、カスタム設定でLowより
 少し高いくらいの設定で60fps以上出ます。解像度は1024x768です。
 爆発とかの場面によっては20fpsくらいに落ちてしまう事もあります。
 シングルプレイヤー時は画質設定は中くらいでも30-40fpsで何とか動きます。
 Battlefield 2142も同じような設定で結構動いてしまいます。

FlatOut 2 ★★★★
 解像度800x600で50-80fpsも出てかなり快適に動きます。
 解像度を1024x768にすると、30-40fpsと急にパフォーマンスが落ち、動きのある
 レーシングゲームではキツイです。

No One Lives Forever 2 ★★★★★
 少々古いゲームなので画質設定を上げてもまったく問題ありません。

Wolfenstein Enemy Territry ★★★★★

TrueCombat Elite ★★★★★

Half-life 2 ★★★★
 この機種はWXGA(1280x800)ですが、フル解像度でも結構動きます。
 20-60fpsといったところでしょうか。
 このようなノートで動いてしまう事に当時は驚きました。
 続編のEpisode1では、序盤でかなりカクカクするところがあり、かなりキツイ
 と思いましたが、全体的にはフル解像度でも何とかなるレベルです。

GTR 2 ★
 画質設定を下げるなどして、大抵のゲームを動かすことができましたが、
 今回初めて動かすことのできないゲームに当たりました。
 タイトルメニューから先に進めません。


◆ 総評
設定次第ではまだまだ使えるノートPCだと思っています。
しかも使い倒した感があるので、なかなか新しいPCに踏み切れません。
新しいノートを検討してもグラフィックパフォーマンスが高い小型ノートの市場が狭いせいか、
小型ノートのグラフィック性能は、この2004年に登場したTypeSからそんなに大きく進化していないように思います。

最近海外の情報サイトでMacBook Thinという12インチモバイルノートのウワサがあり、GPUがX1600とかGeForce Go 7600
という内容であるため、本当に出たらすごいんですが、内容的にかなり無理があるように思えます・・
なかなか値段と性能の合うノートが出てこなくて残念です。
個人的にはTypeS S91は全体的に不満な点がほとんど無い良いノートです。