HOME > レポート一覧 > Ikuさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO type S VGN-SZ90PS  Iku さん

 No. 1604

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.7 4.7 3.6 3.2 4.5 3.2
FF11v3 高解 2780

◆ 購入のきっかけと価格
typeS(S90)が非常に良いマシンで名機と感じていましたが後継としてより高性能かつ
GPU切り替えという驚愕機能(強引ではありますが)を実装したマシンとして登場したので。

◆ 体感速度の変化
CoreDuoという事でPentiumMよりも高負荷時には明らかにパワーを感じます。

◆ 液晶の質
光沢は苦手ですがこんなもんでしょう。解像度はもう一段高くても面白いかも。

◆ キーボード:配列やタッチ
好みの問題でしょうが、嫌いではないです。

◆ サウンド
なかなかちゃんとした音が出ます。

◆ 筐体:質感や強度
質感は先代S90よりも更に高いと感じます。これも好みでしょうが。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
このSPECで1.8Kgを切ったというのは驚異的です。
願わくばtypeTクラス(要は10インチ強のリアルモバイル)にこの機能を積み込めれば神器間違い無いのですが。
(廃熱処理的には無理でしょうね)

*別途PanasonicのR6も購入したので納品され次第ファンレスで何処まで頑張れるのか、果たして熱に負ける事無くFFXI程度までこなせるのかテストしたいと思います。

◆ その他
仕事の関係でVista Enterprise+Office2007を導入しましたが一年以上前の機種ではありますが全く問題はありません。
尚内蔵の945GですとAero=3.1、Game=3.1で若干スコア落ちますが仕事上は全く問題無いです。

◆ 総評
名機と感じていたtypeSの後継として登場したSZは、画期的なマシンだったと思います。
個人的にはほぼ満点。もう一回り小さければ神器という事で。

基本設計そのままか、ゴロッとフルモデルチェンジすることの多いノート業界ですが、このバイオSZは珍しく独自の冷却ファンを調達するという懲ったマイナーチェンジが施されています。先代のバイオSも非常に貴重な存在だっただけに、このSZの登場は世の出張ゲーマーに安堵感をもたらしたモデルといえます。出張族のパートナーといえば「Let's note」は外せない存在ですが、こちらは独自ファンどころか、思い切ったファンレス構成。熱暴走は仕様ともいわれるLet's note。FF11は厳しそうです(^^; [2007-2-19]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Ikuさんのユーザーレビュー