ソーテック WinBook WinBook DN7020

GPU
MobilityRadeon X1600
◆ 購入のきっかけと価格
第一に以前まで使用していたPCが7年前のものであり(Cel1.0G)、ネットなどにすら無理があったためです。
そして友人がEndeavor NT9000Proを所持していたこともあり、高解像度液晶でゲームのできるノートが欲しくなりました。
Prime Note Chronos INと迷いましたが、安さに負けてこちらにしました。
価格は、3年保証を付けたのみのプレミアムモデルに、ページ上にある5000円引きクーポンを適用して送料込みで
16万円以内でおさまりました。注文から3週間ほど経ちましたが、どちらもキャンペーンによって値下げしています。
少し待っていればよかったかもしれません、仕方のないことですが。

◆ 体感速度の変化
以前のPCはXPだったのですがとにかく快適に動くように、不要サービスを極限まで停止したりしたせいか、
購入当初は新しいPCの起動や動作が逆に遅く感じましたが、設定を変えるうちに、早さを実感できました。
動画などの変換は比べ物になりません。

◆ 液晶の質
WSXGA+の非光沢液晶です。ドット欠けはありませんでした。
友人のEndeavor NT9000ProはSXGA+なのですが、それと比べると視野角は広いように感じます。
しかし、標準的な液晶には、解像度以外ではかないません。

◆ キーボード:配列やタッチ
配列は標準的でタッチ感も悪くありません、しっかりしてます。
Ctrlキーなどは両側に付いていて、エンターキーも普通の大きさで打ちやすいです。

◆ サウンド
サブウーハが底面に付いているせいか音にすこし厚みがありますが、あくまでノートPCですから。
それよりヘッドホンで音楽を聴いたときは、USBやCPUのノイズが聞こえないことに驚きました。
比べるPCが古すぎただけですが…

◆ 筐体:質感や強度
ホームページでも見ることができますが、音声入出力端子の色が目立ちます。黒く塗りたくなりました。
LEDは青で統一されています。
強度はEndeavor NT9000Proみたいなしっかりとした造りではありません。あまり丈夫ではなさそうです。
価格が価格ですから仕方ないのかもしれませんが。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBは4つありますが右後ろに集中しています。LANとモデムが左にあります。
SDカードリーダーは半分だけ差し込むタイプですので、付けたままでは持ち運べません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
基本的にに静かです。高負荷時には少しファンの音がするくらいです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
アダプターは大きめです、消費電力が多いせいかもしれませんが。
また、電源コードがアース付きで異様に太いです。デスクトップ並です。
アダプターへの差込口が特殊なので、変えられそうにありません。

◆ その他
ベンチマークのスコアについてですが、常駐プロセスやソフトをかなり減らした状態で行いました。
当然ですが、エアロなどの視覚効果なども切ってあります。
同じGPUかたのスコアと比べると、やはりCPUがネックになっていて、FFベンチなどでスコアが落ちています。
裏フタを開けてみたところCPUも外せそうなので、もし力不足なら交換する手もありますが、今のところは十分です。
ちなみにLANはギガビットではありません。
サポート面では最近は良いと聞きますが、受けたことがないのでわかりません。

◆ 総評
コストパフォーマンスでは申し分ないと思います。
性能面では満足していますが、やはり細部で安っぽさが目立ちます。
個人的に不満があるのはOSのほうですね、対応ゲームがまだまだ少ないです。