東芝 dynabook TXW

GPU
GeForce Go 7600
なお、3DMark06のスコアは、1280x800のものです。

ゲームもやりたかったので、
http://journal.mycom.co.jp/special/2007/windowsvista/016.html
を参考にデュアルブートできるようにしてみました。
まぁ、現時点ではドライバ探さないといけないのですが。

Cドライブに、Vista(30GB)、Dドライブをデータ・アプリ用(65GB)、
EドライブにXP(10GB)という構成にできるよう、リカバリーを実行。

大雑把な感想ですが、光学ドライブの騒音は気になります。
冷却ファンの音は少し耳障りですね。あと、ファンが回る頻度が今のやつより高くなっています。
(現在使っている Dothan 0.6G@0.75V-1.6G@1.0V、855GME が基準なので)

液晶は断然きれいです。反射は、光源の位置の関係もあって、ほとんど気になりません。
せいぜい、電源などのアクセスランプが気になる程度です。

届いて間もないので、追加のレポートを書くかもしれません。

 蹴茶:追加レポートいただきました。空白項目はカットしました。
------------------------ 2007.4.17 追記 ------------------------

◆ 購入のきっかけと価格
 Vistaが出たのと、SantaRosaがあまり期待できなさそうなので、
 決算前のセールということもあって購入。

◆ 体感速度の変化
 Operaの体感速度は大幅に向上。
 重いページ(1MB以上あるHTMLとか)も半分ぐらいの待ち時間で開くように。

◆ キーボード:配列やタッチ
 旧メインマシンのDynabook T11より、多少打ちやすくなったと思う。
 
◆ サウンド
 「ノートのスピーカーとしては」かなりよい。
 適当に音楽を流すならこれで十分。

◆ 筐体:質感や強度
 天板の色だけは何とかしてほしかった・・・

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 USBコネクタが光学ドライブの手前にあるのは減点要因。
 マウスのレシーバやケーブルが手に当たるので、奥に配置してほしかった

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 コストの問題や用途を考えるとわからなくもないが、もう少しバッテリ
 の容量を大きくしてほしい。
 あるいは、バッテリ駆動時の消費電力を減らしてほしい。
 (バッテリ使用時に30Wは使いすぎ。前のマシンが10W程度だからせめて半分に。)

◆ 総評
 とはいえ、16万強でこれだけの性能が手に入るのはすごい時代になったと感じます。
 冗談のつもりで測った3DMark2001がオーバークロック時とはいえ20000オーバー
 するとは思ってもいませんでした。