東芝 dynabook TXW/69AW

GPU
GeForce Go 7600
dynabook Satellite TXW/69AW

◆ 購入のきっかけと価格
もともとデスクトップ機を持っていましたが、大学入学時にあってもいいかと思い購入しました。
価格は、20%OFFの時に購入したので、それなりに安かったと思います。

◆ 体感速度の変化
デスクトップ機がPen4・2.4Ghz、メモリ1GBだったので、起動時や通常の操作時だと大差はないのですが、デコードやベンチマークをやらせると倍以上の差が出たのには驚きました。

◆ 液晶の質
他のノートがないので比較対象がないのですが、視野角は悪くないと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
PgUpやHomeなどが独立してないのがゲーム時に痛いところです。
また動画再生用のキーがありますが、これがキーボード部分を狭くしてるのでそれがないタイプもあって良いと思います。
選択制があったらそっちにしてたと思います。

◆ サウンド
サウンドを自慢してるだけあって、いい音が出ます。
サラウンドも効いているようです。

◆ 筐体:質感や強度
天板の色が好みの分かれるところですが、周囲の反応は悪くないです。
色に幅があればもっと売れると思うのですが、どうでしょうか。
たとえばメタリックブラックとか・・・熱が問題になりそうですね。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
あまり使い込んでないので書けることは少ないのですが、不便に思ったことはないので悪くない配置だと思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
並みの静かさだと思います。
排熱箇所が1箇所なのが若干不安ですが、大丈夫だと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
この性能にしては軽すぎるようですが、3kgと並みの重さです。
通学時に肩が痛くなりますが、単純に俺が貧弱なだけでしょう。
ACアダプタはだいぶ熱くなります。それと若干大きいです。
バッテリーは単体で2時間持つようですが、電源が確保できるときしか起動する気はないので出番はなさそうです。

◆ その他
東芝のサポートページで、この機種のサポート情報が皆無だったのには驚くと同時に残念でした。
なのでドライバ探しに苦労するどころではなく、今もドライバがない箇所が何箇所かあります。
(自分が勝手にXPにしたのが悪いのでしょうけど)

◆ 総評
この値段でこの性能を実現した東芝はなかなかやるなと思いました。
このシリーズの良い部分を残したまま、さらにマニアックな方々に受ける機体を作っていれば、東芝は安泰だと思います。
以上、客という立場を利用した高い位置からのレポートでした。