ソニー VAIO VGN-BX94PS

GPU
MobilityRadeon X1600
管理人様、いつも楽しく拝見させていただいております。XP搭載機に無理矢理Vistaをインストールしてのレポートですが、よろしくお願いします。

◆ 購入のきっかけと価格
仕事でVistaの環境が必要になり、Vista Capable PCである本機に乗り換えました。VistaはBusiness版を別途用意しクリーンインストールしました。

◆ 体感速度の変化
以前に使っていたDynabook SS LX/190DKに比べるとモッサリ感(?)はないですね。全体的にキビキビ動いています。2GBのMemoryStick Pro DuoをReadyBoostに使っているのも効いているかもしれません。

◆ 液晶の質
仕事用なのでノングレアのSXGA+を選択しました。思ったより黒が締まっているせいか、バックライトの明るさに関係なく高い視認性が得られます。動画再生には向かないのでしょうが、総じて満足です。もっとも、悪評高い(?)SS LXのSXGA+から乗り換えのため、何を使っても良いと感じるのかもしれませんけど(笑)

◆ キーボード:配列やタッチ
積極的に良い、という程でもありませんが、実用には耐えると思います。こちらの評価もSS LXが配列、タッチ共にイマイチであったためアテにはなりませんが(汗)

◆ サウンド
最初から期待していませんでしたが、このスピーカーでは「それなり」という程度です。ただ、音楽鑑賞には外付けスピーカーで対応できるので気にしていません。

◆ 筐体:質感や強度
質感は価格相応か?と言われると疑問はありますが、個人的には嫌いではありません。強度は大丈夫だと思うのですが、ヒンジが硬めなので、開け閉めに少しだけ気を遣っています。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
他の方のコメントにもありますが、USBポートが右側に集中しているためケーブルとマウスがぶつかってしまいます。ΣフォルムデザインはMemoryStickやSDを刺しっ放しにしても出っ張らず便利です(笑)

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDのアクセス音はほとんど気になりません。光学ドライブもノートPCとしては合格点だと思います。冷却ファンはよく回っていますが、ここはスペック的に諦めるべきでしょうね。音は低めなので嫌な感じはしません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
このサイズと重量は持ち歩ける限界だと思います。特にACアダプタはオプション品の方が小さいという点で納得できません。(重量の点においてSS LXは名機だったと思う)

◆ その他
私の環境ではメモリバスの速度を変更できない(400MHz駆動固定?)、S1・S2ボタンが動作しないといった不具合がありますが、これはVistaへのアップグレードが正式にサポートされれば改善すると思います(SONYのサイトでは「準備中」)。グラフィックス関係でも一部不具合があるようですが、こちらはBIOSの書き換えで対応できるようですね。その他は問題なく動作しています。

◆ 総評
外付けグラフィックスチップと高解像度液晶をこのサイズで、という時点で選択の余地はほとんど無く、価格まで言い始めるとこの機種以外にあり得ないBXですが、現在の所満足しています。熟成には程遠いVistaで、かつ仕事の関係でカリカリにチューニングもできず、そのせいかベンチマークも低めですが、ようやく愛着もわいてきたことですし気長に使っていこうと思っています。なお、評点はすこし甘めです(Vistaへの正式対応後に改めて付け直したいと思います)。