アップル MacBook Pro MacBook Pro

GPU
MobilityRadeon X1600 [Mac]
◆ 購入のきっかけと価格
 仕事で使っていたEpsonDirect Endeavor7000Proがどうも動作が怪しくなってきたため、新しいハードを探していました。
条件として「WindowsXPができる限り素の状態で走る(おまけがない)」「持って重すぎず、しかし作業をするには小さすぎず」「映像の仕事をするためビデオチップを持っている」という条件を出して、消去法で残ったのが「MacBOOKPro」と「XPS1210M」でした。
「出先で出したときに見栄えのするもの」と考え、最終的にMacBOOKProが残りました。

◆ 体感速度の変化
以前のマシンがPentiumM1.7GHzであったこともあり、作業は非常に快適です。

◆ 液晶の質
対角15.4インチTFTディスプレイにしましたが、見やすいです。高品質を期待すると残念と思う部分もありますが、判って使っている分には全く困りません。
以前使っていたものより一回り解像度が下がってしまったのですが、それについては許容範囲です。

◆ キーボード:配列やタッチ
好みが分かれると思いますが、たまに打ちづらいときがあります。キーのストロークが今までのキーボードと違うせいか、小指で押したりする部分のキーがたまに押し切れないときがあります。
他にはWindowsで使っていると、キーが足りないためその辺は考慮する必要があります。

◆ サウンド
内蔵スピーカーなりの音が出ています。

◆ 筐体:質感や強度
質感は非常によいです。見栄えのするマシンという意味ではトップクラスだと思います。剛性に関しては多少液晶側の筐体がたわみやすいので気をつける必要がありそうです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが両側にあることが結構ポイントです。マウスをWindowsのをそのまま流用しているのですが、MacOS上でも違和感なく動くのは非常にありがたいです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
生活音のある事務所では、冷却ファンが高速に回り出さない限り、ほとんど音が聞こえません。静粛性も高いです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
2.5kgという重さにも関わらず、重量バランスがよいのか持ちやすいです。
ACはケーブルの巻き取りがしやすいため、比較的持ち歩きには適していると思います。

◆ その他
ブートキャンプのバージョンがあがったこともあり、Windowsのインストールが非常に簡単になっています。Adobe製品を試していると、XPで動作させる方がMacOSで動作させるよりも多少キビキビ動いているので、ソフトのアップデートでMacに移行するのに今非常に悩んでいます。

◆ 総評
エミルクロニクルで遊んでいるときに、突然Windowsごと落ちることがありますが、
おそらく処理速度が限界になるのではなく、ドライバの関係で無線Lanの接続ミスで止まることがあるようです。有線で動作試験をしたことがないので判らないのですが、そちらだとこういうことは起こらない気がします。
それと、キーボードに慣れが必要なのが私のマイナスポイントですが、その他に関しては現在の所文句なしです。