デル XPS M1210

GPU
GeForce Go 7400
 蹴茶さん、お久しぶりです。ジャンリュックです。
630Mから、またまたDELLを購入しましたので、インプレッションを。

★購入のきっかけと価格
 前々からモバイルノートは欲しいと思っていて、今年にDELLが
M1210よりも薄型軽量ノートを出すのは分かってはいたのですが、
ゴールデンウィークセールの余りの安さに思わずポチってしまいました。

スペックは
◆Core2DuoT5500(1.66GHz)
◆メモリDDR2 1GB×2
◆HDD 120GB
◆グラフィック Go7400
◆abg無線LAN
◆DVD±RW
◆ブルートゥース
◆WinXP
◆バッテリー6セル
◆3年間家に修理に来てくれるオプション

 上記構成で10万4千円+消費税+送料3500円でした。

すっかりDELLウォッチャーになってしまって、この購入も個人ページ・
法人ページ・官公庁ページに様々なクーポンを掛け合わせて、なおかつ
クレジット購入で3%OFF等組み合わせで上記価格でした。
(同じGWキャンペーンでも日によって微妙に内容が違ってました)

★体感速度
 さすがCore2Duo!!
 試しに、画像エンコードしながら、Photoshopで画像処同時にしてみても
 もたつきがない。今までシングルコアだったので体感差は大きいです。

★液晶の質
 みなさんが書かれている通り、視野角は他の国内有名メーカー製品に比べ狭いとは思います。
 60度辺りから見え辛くなってきます。が、普通ノートパソコンって一人で使いますよね?
 ずっと斜めから見ながら作業することって無いですよね。
 よってなんら不都合は無いです。
 ドット抜けも無かったです。

★キーボード
 最初は皆さんの評価を読んでいたので、どの位「たわむ」のだろう?と
 思ってましたが、思ってたよりはたわみは少ないと個人的には思いました。
 書かれていたように、ヒンジ部分を空けて、キーボードのネジを硬く締めたら
 全くたわみは無くなりました。
 ただ一点、これも皆様が書かれていますけど、キーボードの色はまるで銀色の
 クリアラッカースプレーを塗ったような感じはどうかと・・・

★サウンド
 ノートではこんなものかと。可も無く不可も無く。
 ボーっと映画DVDを見る位には十分です。

★強度と質感
 とても頑丈と言う訳でもなく、「頑丈ではない」と言う訳でもなく。
 閉じるとセレブなオーラが漂います。
 開くと下町庶民の親しみを感じます。

★筐体各種コネクタ
 個人的にCDは左側派なのですが、それは置いといてUSB等両側にありますので
 使い勝手は悪くは無いと思います。
 最初SDカード・メモリースティックProスロットの位置が一瞬分かりませんでしたけど

★発熱と音
 ゲーム・ベンチマークを測っている時には、筐体裏がホンノリ熱くなります。
 左側排気口からもベンチ時には熱い風が出てきます。
 パームレスト・キーボード側は熱くなりません。
 ファン音は気になるほどではないです。
 若干気になると言えばDVD±RWドライブのアクセス音かな?

★ACアダプタの大きさ・熱
 ほんのり熱くなります。
 大きさは・・・DELLってほとんどこの大きさだからねぇ。慣れました。

★モバイル性能
 まぁ1.98Kgですから持ち運びも全然苦にはならないです。
 余り外には持って行きませんが、毎日仕事に持っていかなければならない
 と考えると少しきついかな?

★その他
 バッテリーは約3時間と言った所。(ネットサーフィン。ワード・エクセルのみ)
 630mにはブルートゥースoffボタンがあったけどM1210には無いのですかね?

 FFベンチ Lowは7023
      Higtは4239
 信長の野望ベンチは283

★☆総評☆★
 日本の意見をいっぱい取り入れて作ったとはいえ、やっぱり
 良くも悪くもアメリカのモバイルノートです。
 まぁ性能強度は十分ですが。
 とは言え、やっぱり最大の魅力はなんといっても他が太刀打ちできない
 この価格!!

 ここからは僕個人の考えですが、
 こう、日進月歩で性能が上がって来るパソコンは、特にこのジャンルの
 ページを見ている人たちは遅くても3年程度で買い換える人が多いのでは
 ないでしょうか?
 それを考えると20万も30万も出して国内一流パソコン買うより、DELLみたいな
 所で、10万ちょっと程度でその時の最新スペックを買った方が満足度は高いです。

 高いVAIOタイプTが買えないヒガミが少し入ってます(T_T)