ソニー VAIO VGN-BX90S

GPU
Intel 915GM
◆ 購入のきっかけと価格
使用していたHP nx4820(Celeron M 1.4G、メモリー1GB)でファイルをダウンロードすると、ダウンロードが完了するまで操作を受付ないとか、ダウンロード中に電源が落ちてバッテリー、ACアダプターを一旦外して、暫く電源の供給を完全に止めないと、再起動もしない為、本サイトの情報を参考に、急遽本機を選定。
外箱無、本体(Pentium M 2.0G、メモリー512MB、HDD 80G、コンボドライブ)、ACアダプター、マニュアルのみ付属、3年の延長保障をつけて、送料込み73,000円で購入。
実際に届いてみると、付属品なのかもしれませんが、上記の物以外に、ドッキングステーション(VGP-PRBX1、ACアダプター付)、BX90専用?PCバッグ、プライバシーフィルターまで一緒に入っていました。
一応購入店に電話で確認しましたが、『同封の送付明細の通りで間違い無い』と責任者の方が断言されましたので、まあ良いのでしょう

◆ 体感速度の変化
nx4820の挙動がかなり不振だったので何ともいえませんが、カーソルが固まることもなくなり、かなり快適に動作しています

◆ 液晶の質
nx4820に比べれば、写りこみも気にならず、IEでのスクロール時にバックの色が変わって見えるということも無いので、かなり良いかと

◆ 筐体:各種コネクタの位置
机の左側しか空いてないので、光学ドライブの位置が左側なのはgood
USBポートは右側面2、背面1のように分けて欲しかったです

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
光学ドライブの駆動音は、今まで使用していた nx4820がやたら煩かったせいか物凄く静かに感じます
ただ、筐体内の廃熱が悪いのか、個体差なのか判りませんが、右のパームレストのHDDがかなり熱くなり(SMARTの温度は判りませんが、冗談で右のパームレストの上に暫く温度計を置いていたら、余裕で40℃を越えてました)、個人的に非常に使いにくいので、据え置きで移動をしないことを前提に、HDDをステー?から外して、そのままHDDベイに挿入、強引に蓋が無い状態にして、その前に紙ダクトを付けた60㎜ファンを置いて使用しています。
流石にここまですると、パームレストはほとんど熱くなりませんが、60㎜ファンのせいでかなり煩さいです

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
上記のような構成?の為、モバイル性は皆無です。
ACアダプタは少し大きめなのと、発熱が気になったので、上記のHDD冷却用に使用している60㎜ファンの風が当たるように調整して使用中

◆ 総評
GPUが外付けの Mobility Radeon X700でないので3D性能は非力ですが、増設した2GBメモリーのメモリーのお陰?で、以前のHP nx4820のように、ファイルをダウンロードすると、ダウンロードが完了するまで操作を受け付けないとか、そのまま電源が落ちて再起動に苦労するなどと言う、困った現象も無くなりました
暖かいというか、はっきりと熱いパームレストに-15点、値段とおまけ?で+10点。
合計で95点辺りが妥当だと思います。