ドスパラ ChronosIN

GPU
GeForce Go 7600
■NVIDIA Geforce Go 7600 256MB (PCI-Express)
■Core 2 Duo T7200(デュアルコア / 2GHz / L2キャッシュ4MB)
■15.4インチワイド液晶 (WSXGA+ / 1680×1050ドット表示)
■2GB メモリ (667MHz DDR2 SO-DIMM / 最大2GB)
■100GB ハードディスク (シリアルATA)7200回転
■DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R×8 / DVD2層書込み対応)
■54Mbps無線LAN (内蔵 / IEEE802.11a/b/g)
■指紋認証セキュリティ機能搭載
■3in1カードリーダー (SD / MMC / MS)
■362×265×31.7mm / 2.9kg
■大容量リチウムイオンバッテリー / 標準3時間


◆ 購入のきっかけと価格
この前に同じドスパラのChronosVRを使用していたのですが、Pen4のあまりのうるささに次のを物色。
最初はAW6を購入する予定だったのですが、年末の品切れ&解像度の低さに悩んでいました。
置く場所の都合上、15.4型ワイドが限界なのですが、メーカー製はWXGAがほとんどなんですよね。
そんな折、お店に行った時に通販より安い&即納可能ということで購入決定。
2006年12月末購入で21万弱(3年保障付き)でした。

◆ 実際の体感速度
そんなに重い処理をさせるわけではないので、問題なし。

◆ 液晶の質
ざらつきがあります。一昔前のインクジェットプリンタのような粒状感・・・とでも言いましょうか。
上下の視野角は狭いようで、姿勢を変えるだけでディスプレイの角度が気になります。
ただ非光沢なので写り込みはなく、輝度も問題なし。

◆ キーボード
キーボードの下に遊びがあります。展示機も同じ感じだったので機種の仕様かも。
押し込んだ時にまわりが一緒にたわみますし、特にEnterキーあたりがひどいです。
打鍵感にもばらつきがあり、普通なキーからカチャカチャ音のするキーまであってさらにマイナス。
あと矢印キーは一段下げてくれたほうがよかったかな。右下が詰まっていて押しづらいです。

◆ サウンド
ほとんど聞きませんが、普通のノートという感じでしょうか。

◆ 筐体:強度と質感
天板のアルミっぽい部分はいいんじゃないでしょうか。
よく見ると透明シートが貼り付けてあるようですが、はがしてないので実際どうかは分かりません(笑)
その周囲は塗装という感じでちょっと安っぽいかもしれませんが、全体的には黒と銀がスタイリッシュでいい感じです。
強度は問題なく、しっかりしていると思います。変なきしみもないですし。
開くときの蝶番の動きがなめらかでいいですね。片手で開いてもパームレストが持ち上がることはないです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが右2個左1個。右の手前にあるのは邪魔なので、USBは背面に欲しかったです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
左側パームレストが暖かくなる感じです。(無線LANカードを使用しているからかも)
Web閲覧程度でもファンが回っていることが多いようで静音とは言い難いかもしれませんが、以前のがうるさかったため格段に静かになりました。
GPU温度がちょっと高いようなのが気になります。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
幅が15cmぐらいで普通じゃないでしょうか。発熱もそこそこあります。

◆ モバイル性
家の中を持ち歩くぐらいなら問題ないかと。
外を持ち歩くには重いと思います。

◆ その他
無線にBUFFALOのハイパワーなカードを使用していますので、PCカードスロットがあるのが良いです。
ちなみに内蔵無線LANはAOSSでルーターを認識せず接続できませんでした。
色々入れた後ですが、なんとなくベンチ結果が低いようなのが気になるところです。
とりあえずクリーンインストールしてVista入れてみようかと思っています。

◆ 総評
WSXGA+が出ると思えば液晶のざらつきは許容範囲内ですが、キーボードは評価マイナス。
ゲーム用途のため今回は候補から外しましたが、基本的にThinkPadが好きなのでキーボードの質が非常に気になります。
しかしながら15.4型でWSXGA+,PCカードスロット、独立GPU、できたら非光沢・・・という条件にはぴったりでした。
ショップブランドの中でもドスパラはなかなか良い構成バランスで出していると思います。