デル Precision M90

GPU
Quadro FX 3500M
◆ 購入のきっかけと価格
これまでibook-late2001と自作SCSI-DUALOpeteronを使ってきましたが
いろいろと厳しくなってきたためノートの買い替えを考えておりました
ちょうどWXWが発表され、この機種とM1710、ChronosIS辺りを候補に悩み
現時点ではVistaである理由が薄いので、XPを選べるM90と致しました
CPUをT7200、GPUをFX3500M、光学ドライブを2層書き込み対応にした以外は
最低限の構成で25万弱でした
後日メモリーは2Gに増設、HDDをST980813ASに変更してあります

◆ 体感速度の変化
ibookに比べると何もかもが天地の差です
デスクトップと比べても、IOに負荷をかけたとき意外は遜色無い体感速度です

◆ 液晶の質
SAMSUNG製のパネルでした
下の両隅にテンションによると思われる色むら?がある以外は、ドットかけも無く
ガンマをちょっといじるとかなり綺麗だと思います
非光沢液晶とのことですが、昔のに比べると非通電時の黒さが印象的
移りこみも少しですがあります(画面が暗い場面で気が付くレベル)
あと最大輝度は低めなのか、明るい環境ではちょっとつらいのと
光源漏れがあるのが気になったくらいです

◆ キーボード:配列やタッチ
ibookに似たソフトタッチです
個人的には嫌いではない感触です
配列は慣れれば不満の無いレベル

◆ サウンド
かなり上質な音がします
サブウーファーの効果もあり、上から下まで不満なく楽しめます
ただし筐体をエンクロージャーにしてるので、ある程度音量を上げると
パームレストがビビリます

◆ 筐体:質感や強度
思ったよりも良い出来だと思います
事務用を思わせる地味な筐体ですが、それが逆に飽きないように思います
各所もしっかりしており、開け閉めも片手で浮いたりすること無く出来ます
さすがにこれをモバイルしようとは思いませんが、一般使用では強度的な不満は
ありません

◆ 筐体:各種コネクタの位置
あまり外付けを使わないので、特に不満はありません
後部にUSB4を筆頭にほとんどが固まっているので、拡張していっても不満は出ないと
思ってます

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
最初に付いていたHDDは5k160の80Gでしたが、それに比べるとST980813ASは
多少動作音が耳につきます
速さとのトレードオフなので気にならないレベルだと思っています
光学ドライブはPioneerのDR-K17Yでした
DVD鑑賞とかでは気になりませんが、高速読み書き時は音と振動がある程度します
冷却ファンはかなり高レベルな出来だと思います
普通はほぼ無音で負荷がかかるとファンが回りますが、低周波よりの音で
気にはなっても我慢できるレベルです
熱も触れる部分など熱くならず快適です

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイル性はほぼ皆無
ACアダプタもかなりの大きさですが、納得済みなので私は気になりませんでした

◆ その他
BIOSレベルでAHCIに対応しておらず、HDDがIDE互換モードで動くのが残念です
おそらくAHCIモードで動いても、たいした違いは無いと思いますが・・・

◆ 総評
XP世代最後と思い買った当機ですが、個人的には大満足
これといった売りはありませんが全て高レベルで纏まり、逆に致命的な欠点が
見つからないのが良い感じです
当分は満足して使っていけると思います
最後になりますが、蹴茶さんにはいつも有益な情報を頂き感謝しております
今回も貴サイトが大変役に立ちました。ありがとうございます