ソニー VAIO VGN-FZ90S

GPU
GeForce 8400M GT
◆ 購入のきっかけと価格
Thinkpad T43を実家にあげることになったので、その代替。
T43でFF11も普通に動いていたので、ちょっと上のスペックで、Vistaもそろそろ触ってみたいと思っていたところ、予算内(25万)に収まるマシンがちょうど出たのでポチっと。
(非メーカー製は不安なので対象外)

◆ 体感速度の変化
はじめてのVista機で、むかしXPを触った時の記憶が蘇りました。
だんだんVistaのインターフェイスになれると、Vistaの遅さとハードの進歩で相殺された感じ。

◆ 液晶の質
今まで見た中で一番きれいと言っても過言ではないです。
解像度は1280x800と、縦が若干狭く、Vistaだとアイコンが大きいので、余計狭く感じます。(XPだと1024x768で9個だったけど、7個だけしか縦に表示できない)
コンパネから選んだ画面などはXPより大きいので、縦スクロールが必要になるケースが多いです。

ネットやメール、Office、映画を見たりとか、一般的用途には全く問題はないです。
FF11も景色がこんなにきれいだったのかと、見違えるほどになりました。

◆ キーボード:配列やタッチ
はじめ最悪と書きましたが、慣れるとなんとかなってしまうもんです。
でも、このレポートはX60で書いてます・・・
タッチパッドのクリック感はいまいち。外付マウス前提なのでしょう。

◆ サウンド
ノートとしてはいい方で、Thinkpadのような割れる感じはありません。
ただ、低音は無理なので、映画を見るには1000円の外付けのほうが良いです。

◆ 筐体:質感や強度
最近のThinkpadより良くなってる気がします。
キーボードのみ黒いデザインはWEBで見ると違和感を覚えましたが、
実物を見ると、これはこれでいい感じです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
あまり拡張しないので、特に気になりません。
NICが背面にあるのが、なぜ?と思うくらい。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ベンチマークを動かしたり、FF11で負荷をかけても、T43より静かです。
ThinkpadT43,X60は右パームレストが熱くなりますが、
それが左右に分散してちょっとぬるくなった感じ。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち歩くのに問題はない重さですが、横に長いので、家の中に半固定がベストでしょう。
バッテリーはちょっと大きめです。

◆ その他
6/22付Sonyからの最新GPUドライバを当てましたが、変化はありませんでした。

FF11のベンチはT43の2500から2000も上がっているのに、FZのほうが明らかに遅いです。
ビシージでは明らかにコマ送り状態になるし、ターゲットの移動も遅くなります。
なので、GPUのドライバというより、FF11自体がVistaに最適化されていないんじゃないかって気がします。推奨環境じゃないですし。

◆ 総評
FFが遅いので、T43を手放すのが惜しくなりましたが、画面のきれいさだけで満足です。
寝そべって文書を書いたり、どこでもひょいっと持っていけるX60と使い分けると快適です。