ドスパラ Chronos NR

GPU
MobilityRadeon X700
皆様お久しぶりです。totsumiuraでございます。
少々古いPCですが、今回もお付き合いください。

◆ 購入のきっかけと価格
特に必要としているわけではないのですが、ベア状態の適当にヤフオクで入札してしまったらそれを入札できてしまいました。
まあ、値段はCPUとDVDスーパーマルチドライブが搭載済みで、68,000円だったので、がんばって購入。
これに512MBのメモリを2枚と、80GBのHDD、3945ABGをあわせて1万程度で購入。
78,000円は、中古でも相当コストパフォーマンスが高いのではないかと思います。

ちなみにドスパラ用のPrimeロゴなどは天板にあります。
ベースはFICのGT2Wで、MXMにてX1600などのモジュールがオプションとして存在するようですが、日本では入手はほぼ不可能だと思われます。
X1600モデルも一部のドスパラで販売されていたことがあったようですが…。

◆ 体感速度の変化
VistaのHome Premiumをインストール。
今回はT2400のES版ということで、世にも珍しいPentium-M Dual Processorという表示が出ています。スコアはなぜかT2300程度になっています。
もうCore Duoも3台目なので、どうにも普通の感覚になっているのが、恐ろしいです。

◆ 液晶の質
悪くないですが、特に左右の視野角が厳しく、左右各30度で色変化が起こります。
ベアノートとしては十分綺麗なので、もう細かい文句を言いません。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーが非常に軽く、パシャパシャ系の音が出ます。
配列などは自然なのでミスタッチがないことがいいです。
しわ寄せ部分ですし、事情が事情だけにここも不満を出さないようにしています。

◆ サウンド
スピーカーは液晶ヒンジの下にあり、ちょうど上へ音が出る感じです。
軽い音ですが、まあそこそこで思えばいいんじゃないかと思います。
液晶を閉じると音がさえぎられるので、そこが納得いかないところです。
イヤホンジャックからのノイズはなかったので、そこは評価しておこうかと。

◆ 筐体:質感や強度
どこまでもプラスチックです。
シルバーの筐体がどこまでもチープなのですが、そこをカバーする黒の液晶部でシンプルにあわせてあります。
無理はないですが、後部を分厚くするよりはまったく同じ厚さで作ったほうが、剛性が出るんじゃないかと思うのですが、薄型が全盛の今ではあまり考えられないでしょうか。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
左側面にオーディオ、USB(横に2個)、光学ドライブ。右側面にEXPRESSカード、マルチカードリーダー(リードオンリー)、モデム、LAN、背面にはDVIとUSB(たてに2個)があります。
無難に分けているのは、好印象です。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは東芝製の5400rpmです。
東芝特有の怪しさがなくなってしまったのが残念なところです。
ファンは常時回転ですが、DELLなどに比べると非常にうるさいです。
送られてきたときの状態から、一度ばらしてグリスなどを塗りなおしていますが、少しはファンの全開時間が少なくなったので相当それで稼げるのではないかと。

改めてDELLのファン制御の優秀さが目立ちます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
かろうじて3キロ割れなので、ほぼ会社に常駐してあります。
バッテリーはすべて全開の状態で、約2時間程度とDVD1本が都合よく見れないレベルです。
ACアダプターがこのサイズにしては、小型のほうなので、それが救いでしょうか。

◆ その他
ベアノートだけあって、裏面のねじをはずすだけでCPUやminiPCI-Eへアクセスできてしまうメンテナンス性の高さは評価できます。
Core Duo世代の初期バージョンは、CPUはもちろんHDDやメモリーなども比較的見劣りせず、コストもそれほど高くないため、交換も頻繁にできることもあり、これは見逃せないポイントかと思います。

◆ 総評
可も無く不可も無く。ベースとして遊ぶアイテムとしては、少々高級すぎますね。
最低限の品質をクリアしているんじゃないかと思いますが、やはり値段の安さがカバーしていると思う部分は非常に多いです。
同様の金額で、DELLの1501を買うぐらいならいいとは思いますが、毎度のことで難易度は非常に高いアイテムなので、万人向けといいがたい点ではキワモノじゃないかと。
いい点は、カスタマイズやメンテナンスのしやすさ、あとは素直に動いてくれるところなので、一度方向性を決めて組んでしまえば、何も問題なく動く点は評価が高いです。

ファミ通のようなコメントで締めるなら、「欲張りなら!」でしょうか(笑)