ソニー VAIO AR71DB

GPU
GeForce Go 7600 GT
◆ 購入のきっかけと価格
現状XPで十分だけど将来的にはVISTA使いたいなーとおもい、型落ちVAIO Aをデュアルブート目的に購入しました。(VAIOソフトを両方で使えるので)せっかくHDDが2基あるので半々で分けようと思ったのですが、結局RAID 0構成のままデュアルしました。
VISTAレポは別途報告するつもりです。

本体価格¥248000ほど。

◆ 体感速度の変化
RAID 0,Core 2でありますが、軽い操作で特に早いと感じることはないです。
重い作業や複数作業では変わってくるかもですね。

◆ 液晶の質
WUXGAは解像度が高くて良い感じです。ドット抜けがあってもわかんないです…。
表面の低反射処理は光を紫色に反射してしっかり抑えられている印象ですが、そのせいなのか画面がチラついて見えるので画面を注視すると気になります。
輝度は低めです。明るい蛍光灯下だと足りなくなるかもしれません。
視野は正面に捉えてないと違和感を感じます。
カラーは好みに調整すればわりといい感じです。


◆ キーボード:配列やタッチ
狭いスペースに無理矢理押し込めれたようなキーボードです。まるで余裕がありません。
以前使っていたQOSMIO F20よりも面積狭いです。デザイン的にも操作性的にも全体面積をもっと広くしてほしいですね。
非常に打ちづらいです。

◆ サウンド
本体自体が薄いためスピーカーも薄くまとまってます。さすがに音楽聴くのにはつら過ぎます。
ソニックステージ Mastering Stadioのオートフィルタ機能は外付け機器にも有効なのでいろんな音で楽しめます。

◆ 筐体:質感や強度
デザインは黒光沢が高級感があって良いですね。
薄っぺらいので液晶部(マグネシウム合金)の剛性は怪しいです。


◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBは背面1、右側2。前PCと同じ配置だったので問題はないのですがこの巨体でこの数は少ないですね。HDMI等はは蓋がされてます。イーサネットにも何故か蓋がされてます(無線使えってことなのかな?)。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
筐体全体がほんのり温まってきます。ファン音は起動時以外はほとんど着にならないレベルです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
このサイズのクラスにしては薄く軽いのですが、部屋間移動が精々でしょか。

◆ その他
地デジの視聴と録画ができるのですが部分カットができないので非常に不便です。パナソニック製ソフトのようにムーブ後でも良いので部分カットさせてほしいです…。

◆ 総評
細かいところに目を瞑ればまぁいい買い物だったと思います。
XPとVISTAをソフトごと架け橋できるのでそれだけでも楽しめますしね。
3DMarks03は何故かスコアが6000~11000を行ったり来たりしたので載せませんでした
最新ゲームでなければまったく問題ない性能です。