デル XPS M1330

GPU
GeForce 8400M GS
◆ 購入のきっかけと価格

出張時のゲーム機として使用しているSony Type Sからの乗り換えです。価格は137,000円スタートで最終的にはオプション追加しまくり、ポチっとするときには276,000円になっていました…。

◆ 体感速度の変化

Celeron⇒Core2Duo 2.2Gなので体感はあまり変わらない気が、XP⇒Vista、Office 2003⇒2007を考慮すると非ゲーム時はやっぱり早いです。ゲームはVangaurdしかしていませんが、SZに比べてとても速い気がします。HDDの回転速度とビデオメモリのせいかなー?


◆ 液晶の質

WLEDは非常に満足です。ちょと眩しすぎると思うほど輝度は十分。Type Sと比較しても見劣りせずむしろこちらの方がお勧め。Type Tも使っているのですが、満足度としてはほぼ同じくらいと言えます。


◆ キーボード:配列やタッチ

非常に打ちやすく、打つときの反応は少し固めで気持ちがいいです。Type Sは弱すぎ、Type Tももう一声弱い、その少し上の固さでThinkpadほどいかない私としてはほぼベストのうち心地。なぜかミスタイプも少ないです(英字キーボード)。唯一のネガティブ点はキーの表面が少しざらつくというか、天盤と同じようなマット処理のせいでしょうか指とのフィット感が少しだけ弱い感じがします。それを差し引いても評価はかなり高いです。


◆ サウンド

よくもなくわるくもなく。ひどいのかなーと思っていたわりにはちゃんと音が出てます。DVDも無理なく見れました。


◆ 筐体:質感や強度

VAIOに比べると、やはり少し安いですが強度は十分。天盤を赤にしてしまいましたがちょっとそこは安い色でした。また開くとアルミシルバーっぽいわけで、チョイスとしては白なんかよかったのかも。まぁでも全体的に満足のいく質感です。


◆ 筐体:各種コネクタの位置

USBが左右にあるのは◎ PCカードスロットはやっぱり欲しかったです。
私の好みとしてはコネクタ類がすべて左右ではなく電源などは後ろの方が好きですので、その部分はどうかなと。狭い場所で左右にコネクタが出ているのはノートとしてどうかと。好みです、好み。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン

グラボが頑張ったときにはファーっと来ますが、Type Sと同じようなレベル。あまり気になりません。熱はタッチパッドの左側が少し、右側もやや熱くなりますが、「熱い」というレベルではありません。比較的マシな方だと思います。



◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

思ったほど軽くはないですが、Type Sと同程度ではないでしょうか。キャリーバッグが最初から付いてきますので便利。ただし、ACアダプタは一緒に入りません。
ACアダプタはアース部分のついた3本のものではなく、2本+アース線になっているので結構邪魔です。ただしアダプタ本体はType Sのものより小さくちょっとびっくり。


◆ その他

XPの選択肢がないのが困る人には困るかも?


◆ 総評

Dellとしては相当がんばっているように思いますが、一部雑さを感じるところがあります。そういった気遣いが気になる方は日本のメーカーのがよいかもしれません。低価格やチャレンジが好みな方には非常にお勧めです!

ただし、重たいMMOがメインの私の満足度としては90%くらい。8400M GSが思ったよりは、ややもっさり感があるところで減点です。