デル Latitude D630

GPU
Quadro NVS 135M
◆ 購入のきっかけと価格
半ば衝動買い。XPS1330とかT61が出ていましたので落ち着いたら買い替えしようかなと思っていた矢先?にオークションで出品されていたものを入札、11万円で入札したところ普通に落札。なお出品者いわくほとんど使用がないとのことで格安の新品のような状態。名義変更も問題なし。

*比較対照は基本的にXPS M1210になります
◆ 体感速度の変化
差はほとんどなしです。スペックが劇的に変わったわけでもOSが変わったわけでもないので・・・。

◆ 液晶の質
それなり。多分一般的なエントリーノートPCのそれだと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
法人向けモデルだからなのか前機種より格段によくなっています。それでも仕事用のLIFEBOOK FMV-C8210のほうがよいと思いますが。

◆ サウンド
はじめから期待などしていません。

◆ 筐体:質感や強度
閉じた状態はまさにDELL、開けばとてもDELLとは思えない質感です。XPSのような派手さはないものの落ち着いたデザインは好印象です。剛性も十分だと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
バッテリーが前面になったためかコネクタ類が側面や背面に移っているようです。USBの数こそ変わりませんが左の分がそのまま背面に移ったのは少しマイナスです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ベンチマーク等ではさすがにファンの音はしますが静かなものです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
実は重さは大して変わっていないはずですが意外と差を感じます。持ち運ぶ機会が多いのであればこの差は出ると思います。それでもたまの持ち運びなら許容範囲内と思います。
ACアダプターはコードをまとめられるので悪くないと思います。

◆ その他
液晶の解像度が特殊なWXGA+となっています。ネットでは地味にこの差がきいています。

◆ 総評
もしかしてInspironシリーズとは別物ですか?と思える筐体のできに驚いています(XPS M1330のレポートを見るとそちらもできはよさそうだが)。あとXPを選択できるのもポイントになると思います。
はっきりいって11万では格安も同然です。ネックがあるとすればグラフィックが思ったより低かったことくらいです。しかしこれをどうして個人向けに開放しないのか疑問ですね。安っぽさを感じないできはむしろ個人ユーザーのほうに需要がありそうなのですが。