ヒューレットパッカード HP Pavilion dv6205

GPU
GeForce Go 6150
◆ 購入のきっかけと価格
自分専用のPCを購入してよいとの許可が出たので(笑)、とりあえずWEBとエンコードがストレス無く出来るPCを探していたところ、モデル末期の安売りでとてもリーズナブルになっていたので購入。オプションでCPUをTL-60に、skype用にwebcamをつけて、おまけのプリンタと送料込みで83,475円。後に、メモリを2Gに変更(約1万円)。これから、おまけに付いてきたプリンタと、もともと付いていたメモリ1Gを売却して、若干回収しようと思います。

◆ 体感速度の変化
今までのメインマシンであるdv5200(Core Duo 1.6G/1Gメモリ/XP)に比べると、スペックはアップしているはずが、やはりそこはVista。若干、もっさりはしてしまいます。メモリの増設と、ノートンのアンインストールでなんとかdv5200並の体感というところです。

◆ 液晶の質
上下の視野角は若干狭いですが、あまり気にはなりません。ま、値段を考えればよいほうでしょう。発色も鮮やかで輝度も充分かと。

◆ キーボード:配列やタッチ
配列は、やはりエンターの右にあるキーは若干ネガティブ。ただそれよりも、多様する右シフトが通常キーを同じ大きさなのは大きなマイナスポイント。一方、コントロールキーが左端にあるのはよいですね。Fnがあるより使いよいです。
キータッチは良好。Think padほどではないにせよ、カチャカチャと安物くさい音も立てず、安心して使えます。

◆ サウンド
hpらしく、ノートにしては良い音がします。当然、下のほうが出ませんが、あまりうすっぺらくもなく、素直に抜ける好感のもてるものです。

◆ 筐体:質感や強度
質感は個人的には100点です。プラスチックボディでここまで綺麗に作っているのは大したものだと思います。強度も充分。キーボードのわたみもなく、非常に安心感があります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
左右にUSBが別れているのは使いよいですね。今回はwebcamを内蔵したので、それほどUSBも必要ありませんが、配置自体はよいかと。webcamの映りもよい感じです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静かな部屋で使っていることもあり、冷却ファンはうるさいです。結構気になります。段階的に回転数が上がるのではなく、急に「ブーン」と鳴り出しては、急に止まる感じで、せっかくのまともなスピーカーがもったいないですね。
ドライブが右についているのはよいですが、若干ボタンが押しにくい。
一方、dv5200で耳についたHDDの音はあまりしません。筐体の剛性が上がったからでしょうか。
廃熱は、並。レスト部分に熱は持ちます。不快に感じるほどではありませんが、CPUのクロックが上がった分仕方が無いのかもしれません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
とりあえず重いですから、モバイルには向きません。ACアダプタは小さめ。ケーブルが太いのが難点ですが、デスクトップリプレイスとしては問題なしかと。バッテリーはUPS代わりなので、時間などは気にしていません。

◆ その他
ノートンのアンインストールはあっという間でした。今はavest!を使っています。
で、とりあえず、やっぱりvistaは駄目ですね。これにつきます。ファイルのコピーやらなんやら、もっさりしすぎ。そこそこハイスペックなCPUとメモリもこれで台無しです。XPが乗っていたらどれだけ爽快なんだろうと思ってしまいます。

◆ 総評
まぁ、Vistaへの恨み節は仕方ないとして、筐体のよさは価格を考えるとすばらしいです。所有する喜びを感じる造りですよ。問題点はファンの音と廃熱くらいでしょうか。価格の安さを考えれば、非常によい買い物だったと思います。
VistaはSP1待ちですね。仕方ないです。