デル Vostro 1500

GPU
GeForce 8600M GT
◆ 購入のきっかけと価格
BXが2年超えたこと、XPの販売が終了することを受けて。
今回の購入については
XPがインストールされているVistaノートで、15インチサイズ
である事が自分につけた条件

◆ 体感速度の変化
OBLIVIONがBXよりスムーズに動いてます。
OSの起動、挙動もキビキビしているように感じます。

◆ 液晶の質
DELLの光沢液晶は、よい評判を聞く機会が少ないですが、明るすぎるか?
と感じる以外は、表示もキレイだし、ともすればBXより視野角は広いかも。

◆ キーボード:配列やタッチ
ノートPCのキーボードはどうにも馴染めないので、いきなりUSBキーボードを
接続しちゃいましたので、感想は無いです。

◆ サウンド
ノートPCにしてはよい音が出ていると思います。
スピーカで聞いた限りでは音割れもしていません。

◆ 筐体:質感や強度
プラスチック丸出しですが、つや消しになっている為か安っぽさはありません。
個人的には、とても好感が持てる筐体です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USB4こが右奥、後ろに2個づつは、BXの右奥に3個一列と比べて、数の点からも
配置の点からも上。
ただ、LANコネクタは後ろにあって欲しかったですね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
思いのほか静かです。不満はありません。
ありませんが、HDD、光学ドライブは、いずれ上位の物に交換するでしょう。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
BXの時と同様、使い方としてはデスクトップですので、モバイル性に
についての評価はパスという事で。

◆ その他
一部で言われているVRAM容量ですが、私のマシンでも512BMになってます。
うーん、どうなっているんでしょうか。
本当に512MBだったら、正直うれしいですけどね。

◆ 総評
Chronos ISとこれで迷いましたが、熱処理の点でChronos ISは不安がありましたし、
指紋認証、解像度、有線LANの速度、VRAM容量(↑もしかしたら同じかも)と
5万以上の価格差はトレードオフには十分な理由でしたので、こちらにしました。
(このスペックで、送料込み12万を切るのは、そう無いですからね)
GPUはDirectX10対応ですから、Vistaの環境が整ってきても十分対応出来るのも
強みですね。実際、いづれデュアルブートにしようと思っていますし。