富士通 LOOX U (UX50N)

GPU
Intel 945GMS
◆ 購入のきっかけと価格

仕事の関係でMobilePC必須ですのでLet'sNoteをR3→R4→R6と使っておりますが、今回お客様として富士通グループを担当する事になり富士通製のPCの利用が必須となり検討。
他に無い驚異的な小型機であるLOOX Uに決定(以前VAIO U101を買いそこなった事を思い出しました)
Webで14万円程度であったと思います。


◆ 体感速度の変化

Let'NoteR6との比較ではやはりDisk I/Oでは遅さを感じる事が多いです。またMemoryは2GB積んでいる環境から1GB最大の環境になたのでVista上での仮想マシンの稼働等は苦しい状況です。


◆ 液晶の質

いわゆる光沢液晶は苦手なのですが、まあまあでしょうか?
とにかく小さいです。(笑)


◆ キーボード:配列やタッチ

このサイズですから仕方ないのですが、やはり辛いですね。
とはいえ、よくぞこのバランスを達成してくれたという感じでしょう。VAIO-UXとは比較になりません。


◆ サウンド

Let'sNoteよりも意外やしっかりした音が出ますね。


◆ 筐体:質感や強度

剛性感はLet'sNoteには及びませんが、小型ということもあり塊感はカッチリしていて悪くないです。ただし、Tablet化出来る構造上仕方ないのですがヒンジ部分には不安を感じます。


◆ 筐体:各種コネクタの位置

右側にUSB一つです。まあ、贅沢は言えないでしょうが出来れば2つ欲しかったですね。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン

ファン付きですが意外に静かだと思います。
HDDは遅い反面1.8のせいか静かですね。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

軽さ小ささでは現時点で無敵のマシンだと思います。
ACも小型で良いです。(ただ電源側ケーブルが長すぎかなと)
あらゆる意味で割り切り必要なマシンですが。


◆ その他

とにかくFullSpecのPCがこのサイズで持ち運べるのは凄い事です。
いろいろな意味で割り切りが必要なマシンですが、今後のPCの進化の為にはどこかのメーカーが必ずチャレンジすべきジャンルだったと思います。
(富士通は保守的なイメージ強かったので富士通から出たのは驚きでしたが)


◆ 総評

モバイルで一台だけ常用しろと言われたら、やはりLet'sNoteを選ぶ気がしますが、常時持ち歩く、またPC自体の利用方法を変えてくれる可能性を考えると、このマシン最高です。
要は位置づけをちゃんと理解して、割り切りも含めた新しい使い方を考えられるかで評価は大幅に変わると思います。