デル Vostro 1500

GPU
GeForce 8600M GT

◆ 購入のきっかけと価格
  3年半ほど使っていた、ノートPCがFF11をやっている最中に熱暴走が頻発し始め、
 ついにはお亡くなりになったので、新しいPCの購入を検討し始め、蹴茶にてVostro1500
 の存在を知り購入いたしました。

◆ 体感速度の変化
  以前のPCは東芝のVX1(CPU:Pentium M1.50GHz)であったので、体感は段違いです。

◆ 液晶の質
  ドット抜け等はなく、画質も以前の東芝のPCと比べても遜色はありません。

◆ キーボード:配列やタッチ
  キーボードは東芝のVX1と比べてですが、剛性が高く同じクラスの(重さ2.88kg)
  ノートとしては気に入っております。
  気になるのは配列で右端にPageUp/DownとかHomeキーが配置されており、BSを押
  したつもりでHomeを押してしますことがあります。

◆ サウンド
  東芝のハーマン/カードンと比べると音質はおちますが、ゲームを行うには許容範囲
  の音質です。若干、高音域がキンキンする気がします。
  また、ボリュームがボタン式なのが残念です(やっぱアナログボリュームがすきw)。

◆ 筐体:質感や強度
  以前のPCと比べて、カタログ上の大きさ、重さは+80g増ですが、見た目が黒いせいか
  重厚感があるともに大きく見えます。
  (実際、並べたり、重ねたりすると大きさは当然同じくらいです。)  

◆ 筐体:各種コネクタの位置
  USBが右に2、後ろに2ですが、左右に振ってほしかったです。
  逆にLANが右側ですが、これは後ろにもっていってほしかったです。
  
◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
  FF11を行ってFANが回っていてもほとんど気にならないレベルで、廃熱がしっかり
  できているのか不思議に思いました(FANはちゃんと回ってます)。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
  私の場合、出張はいくときは長期という特殊な環境なので、重さは2.88kgで満足です。
  ACアダプタも大きいほうだと思いますが、気にしておりません。

◆ その他
 実は購入時はVista入りで購入して、購入後FF11ベンチが5980程度出るにもかかわらず
 実際のゲーム時のもっさりした反応が気に入らず、手持ちのXPproに載せ変えました。
 載せ変えは、SATAのドライバの存在を最初忘れていてはまりましたが、ドライバはす
 べてDellの米国サイトで入手できたので、問題はありませんでした。
 OSをXPに載せ換え後は満足いくきびきびした動作です。
 どうでもいいですが、GPUがメモリ256MBのはずがなぜか、512MBとでます。

◆ 総評
 これで13万7千円?、「お得じゃない?」とDellの回し者のような感想です。
 
 ・サポートはもともと当てにしない(法人モデルなので)。
 ・そこそこの価格で、そこそこに3Dゲームがしたい
 
 といった方には自身をもってお勧めできます。