ツートップ ViP WXS T7522

GPU
GeForce Go 7950 GTX
ViP Note WXS T7522/DVR/795GTX-CV

◆ 購入のきっかけと価格
メインPCのFaith Progress MXG47600N/DVR2 78GTX が3ヶ月ほど前に熱暴走気味に
ダウンしてしまいました・・。
しばらくして復活したのですが、液晶に常時点灯ドットが無数に発生したため
仕方なくEPSON Direct Endeavor NT9000Proを使用してたのですが、FF11で
限界を感じ、WinXP で Core 2 Duo搭載のPCを探していたところTwoTopで
ViP Note-WXS T7522/DVR/795GTX-CV を見つけ勢いでポチっとしてしまいました。
(今この型番は存在してません)

注文時の変更点は以下の通りです。

CPU:Intel Core 2 Duo T7700 (2.8GHz)
HDD:7200rpm 80GB SATA
OS:Microsoft Windows XP Pro SP2


◆ 体感速度の変化
Progressに比べるとあまり変わりがないように思えます。
まだ Core 2 Duo を活かした使い方をしてないだけなのでしょうけど。
FF11ではややコマ落ちしてた画面エフェクトもスムーズに描写出来ているようです。

EndeavorNT9000Pro と比べると起動から全然違いますね。
FF11での体感は・・・いうまでもありませんね(笑


◆ 液晶の質
元々うつり込みは気にしないほうなのでツルピカでも問題ありません。
ドット抜けもなし、発色もいいので動画なども非常にキレイに見えます。
型番がLPLで始まっていたので、LG製かと思われます。

Progressでは17Inch WideのわりにWSXGA+だったのが、今回同じ17Inch Wideで
WUXGAとなっているため、作業エリアが広くなり、かつ字も小さくなりすぎないで
非常に見やすいです。
ただFF11ではやや赤みかかった感じがするのでガンマ値で修正しています。


◆ キーボード:配列やタッチ
テンキーとの隙間は相変わらずないのでタイプミスがやや多いですね(汗
でもこれは慣れでなんとか克服できると思います。
タッチについても自分好みでいい感じです。

Progressで気になっていたタッチパッドの感度ですが、今回はそれほどでもないです。
それにFnキー連動で無効にも出来るのでゲーム中に触れてカーソルがあらぬところに
飛ぶことがなくなり、快適に操作できています。
ただ筐体手前にあったAV操作ボタンが一切ないので、結構不便さを感じています。
しかしそれもLogicool V20を使用しているため、そちらのボタンで操作しています。
まぁ若干押しにくさはありますが・・・(笑


◆ サウンド
ノートにしてはそこそこな品質だと思いますが、やはりノートの音質って感じですね。
聞き比べるとEndeavorNT9000Proが一番内蔵スピーカーの音質がいいようです。
ただLogicool V20を常に接続しているため、内蔵スピーカーから音を出す機会が
今後ないとは思いますが(笑


◆ 筐体:質感や強度
プラスチック感が強く、高級感はそれほどでもありません。
たわみなどはないので強度はそれなりにあると思います。
Progress よりもはキズが付きにくいです。


◆ 筐体:各種コネクタの位置
背面に2つあるUSBの配置はいいんですが、LANポートが右側面になっています。
さらにUSB2つも右側面にあり、マウス操作時には非常に邪魔になります(汗
それ以外のコネクタ配置は可もなく不可もなく、といった感じでしょうか。
CLEVOということでUSBの天地逆があると思ったら、これは正常の配置でした(笑


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
さすがにゲームをしてるときとかベンチ回してるときはファンの音がします。
ただ爆音って程ではなく、無音でプレイすることはほぼないので気になりませんね。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタはProgressと同じ型式で、かなりデカイです(汗
発熱も触れないほどではないですが、結構熱くなります。
重量も4kg弱あり、よほど気合を入れないと持ち歩けないと思います。


◆ その他
Progressについてきたキャリーバッグですが、今回も同じものが付いていました。
そして筐体前面にあったオレンジ色のLED時計ですが今回は省略されていますね。
その分奥行きが短くなっています。

それとモバイルカメラですが、今回のはきちんと封がなされています。
Progress のときは選択してなかったのですが、使えてたのとは違いますね(笑


◆ 総評
Progressでも十分な性能だと思っていましたが、ここまで差が出るとは(笑
Windows Vistaにも十分対応できるとは思いますが、今のところする予定はありません。
今度は2年経過で不具合が発生しないことを祈るばかりです(汗