ドスパラ Prime A Note Artemis SE

GPU
GeForce 7000M
◆ 購入のきっかけと価格
そろそろVistaを試したく思い、安価で探していたところ当機を発見しました。
今までRadeon系ばかり(デスクトップでも)だったので、GeforceなのとRadeon X1100との違いも気になり決定しました。
AcerのAspire5220を探していたのですが、近くの量販店に行ったところ見当たらず、ネットで物色していたところドスパラで同型機らしきものを発見。Vistaとのこともあったのでメモリを2Gにして購入しました。
1年間の特別保証をつけて、\85955(送料込)でした。
特別保証は、自分で増設等を行って起きた故障等にも有効らしいので付けておきました。

◆ 体感速度の変化
Vistaとのこともありモッサリ感はあるもののアプリ上(Office等)では
昨年に購入したDN6000のTurion64x2(1.8G)との差は体感できないくらいです。
CPUクロックがこちらの方が高いのでデュアルコアが発揮できなければ
こんなところだと思います。
FFベンチもふるいませんでしたが、昨年購入したDN6000よりも引っ掛かる感じがなく
スムーズには動いているようでした。(スコアを見てアレ?って感じです)


◆ 液晶の質
メインのデスクトップでもAcerの液晶を使用していますが見慣れた感じで違和感なく、可も不可もなくといったところです。
光沢液晶ですが、移りこみも意識しなければ気づかないレベルです。
反応速度が8msと表記されています。
最近でもノートPCは液晶反応速度は表記されていないようなので、これは親切かもしれません。

◆ キーボード:配列やタッチ
中央部付近は大丈夫なのですが、なぜかキーボードの左右で少し内側付近で
タイプするとしなります。
エンターキーの右側にキーがあるタイプです。

◆ サウンド
ドルビーデジタルの認証を受けているようでDOLBYのロゴがついています。
初期設定のスクリーンセイバーの中に、ドルビーサウンドが鳴るデモが流れますが
それなりの音が鳴っています。
その他は変な違和感もなくノートPCでは平均的かと思います。

◆ 筐体:質感や強度
安いわりには、しっかりしている印象です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
背面にはACだけで何もなく、すべて左右にあります。
USBは、右側面手前と左側面中央に2個ずつあります。
LANは左側面、CRTは左側面奥です。
メモリカードやPCカードは左側面手前にあります。
また、音量調節が左側面手前にダイヤル式(ソフト方式)でついており便利です。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
今のところ、すごく静かです。(電源設定はパフォーマンスです)
FFベンチ中も、2~3回ループさせてみましたが、FANがブン回ることもありませんでした。というか回っているの?という感じです・・・
軽いネットゲームを1時間ほどプレイしましたが全く変化がなく逆に心配になりました^^;が、マウスパッドより左側が少し暖かくなる程度で、ほかは逆に冷たいくらいです。

このマシンのチップセット(nforce610)はTDPも低く、GPUや他デバイスも含めて
1チップで動いていて熱源が少ないというのもあるとおもいます。

HDDは低価格ノートのわりに日立製(5400回転)です。
PCがあまりにも静かなので高速な7200回転のものと交換を目論んでいます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重量は2.7kgと、このクラスで平均的だと思います。
やはり、デスクの上での使用がメインでしょう。
ACアダプタは、わりと小さめです。

◆ その他
またもや、こちらでは初物のGPUになってしまいました。
とりあえず、6100で登録します。
不束者ですが、Geforce7000Mも選択肢に加えてあげてください^^

ちなみに、ドスパラのWEBではAspire5220の写真が公開されており「ロゴなどは異なります」となっていましたが、届いたのは確かにAspire5220そのものでした^^;

◆ 総評
全体的には、とても満足しています。
メインがビジネス用途や軽い3Dのネットゲームであれば十分ではないでしょうか。
最近は、最近になって元気を取り戻してきたRoseOnlineに復帰し、露店用にと思っていましたが、エフェクトなどを最高にしてもストレスなくプレイ出来るようです。

GPU的には、Geforse7000MはGeforse7シリーズのコアなので、X300コアのXress1100よりは
一世代あとなので、その分は有利なのかな?という印象でした。