デル Inspiron 1520

GPU
GeForce 8600M GT
◆ 購入のきっかけと価格
安いゲーム用ノートで高スペック高解像度が条件だったので。
以前使用していたChronos VRは液晶があまり良くなくP4-2.4GBだったのでファンの
音のうるささに悩まされすぐに売りました。
今回買うにあたり液晶の質と解像度、静音性が心配でした。
3年保障付けて14万ちょうどくらい。
Chronos VRは1年ちょいでHDD故障の経験があるので最低3年保障は必要。

◆ 体感速度の変化
クラシックメニューやデスクトップテーマをXPにしているので特にvista特有の遅さを感じることはありません。
ターボメモリー1GBを装着しましたが体感的には変わりません。
CPUはキャッシュ4Mにしておけば良かったと思った。

◆ 液晶の質
普段はバッファローの17インチを使用していますが、比べても遜色は無くChronos VRより良い感じです。WSXGA+を選択しましたが正解でした。特に文字の小ささを感じることなく広々です。WSXGA+を選択しないのならこのノートを買う意味が無いと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
配列はenterの位置がちょっと気になりますが慣れれば問題ないです。
質感は安っぽい感じ、タッチは少し深め。

◆ サウンド
特に問題なし。

◆ 筐体:質感や強度
閉じても多少パカパカした感じ。
キーボードの質感がやはり安っぽい。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
有線LANコネクタは右より後ろのほうが良いかも。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
Chronos VRと比べるとファンはとても静か。回っているのかな?
右ドライブはマウス操作時に手が当たりよく開く。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
それなりに重くでかいです。
9セルバッテリーは思いっきりはみ出すので6セルがお勧め。

◆ その他
ワイヤレスLANがAOSS対応ではないので少し苦労しました。

◆ 総評
心配だった液晶は合格点。
静音性満点。
発熱性合格点。
キーボード配置やや不合格。
キータッチ合格点。
ゲーム快適性合格点。
サウンドは不評のようですが特に気にならないので合格点。
重さ不合格。
XP化はしません。インストールすらできないものは仕方ないとして、できるものはXP互換モードで普通に起動できるので問題なし。
XPも最初は敬遠されていましたからサービスパックがリリースされればvistaへ自然と移行していくと思うので先取りして慣れていたほうがいいかなと。