東芝 dynabook Qosmio G40/97D

GPU
GeForce 8600M GT
◆ 購入のきっかけと価格
液晶ディスプレイを購入しに大須の初売りに行った際に本機が展示品24万円という超破格で売っていたので躊躇わず購入。
市場価格30万円前後なのでかなりいい買い物が出来ました。

◆ 体感速度の変化
以前使っていたG30/695LSに比べ、動作がVistaでもサクサクしています。
Intel Turbo Memoryの恩恵かもしれません。
Vista SP1RCを導入するとさらに快適に感じます。

◆ 液晶の質
VAIO ARのクリアブラック液晶に比べると見劣りしますが意外といいと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
標準的なノートPC配列です。打鍵感はVAIOよりもいい感じがします。

◆ サウンド
G30/695LSも音はかなり良かったですが今回はそれ以上です。
ノートPCとは思えないくらいのクリアな音質です。

◆ 筐体:質感や強度
さすがフラグシップ機、高級感は感じられます。
しかし、液晶部が黒くパームレスト部が白いというのは少しいただけません。
昔のザウルスを思い出しましたw

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBの数やその他インターフェイスの位置に不満はありません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンの音が若干しますが静かなほうだと思います
パームレストには全くと言うくらい熱を持たないので冷却は完璧だと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイルできませんw
ACもすごく大きいですw

◆ その他
あまり知られていないかも知れませんが地デジダブルチューナーを搭載したことにより、
・地アナの視聴
・コンポジットAV入力
前機種G40/97Cでは出来て本機では出来なくなりました。
地アナの視聴はともかく、コンポジットの廃止はちゃんとカタログに書くべきではないでしょうか・・・

◆ 総評
地デジ視聴・ゲームPCとしては本機は素晴らしいと思います。
30万円だと少し高い気がしますが24万円なら大満足です。