東芝 dynabook SS SX/490NK

GPU
Intel 945GM
・本体
買ってから1年ちょっと。RX1も出て久しいし、今更ですが。
大方気に入ってます。軽いし、画面は広い(解像度が高い)し、キーサイズも充分。指紋認証が鈍い以外、動作も非常に安定してます。
ちなみに分解してみましたが、中味はかなりガラガラです。いまどきのPCとしたら信じられないくらい。本体右半分には、CFスロット、HDD、ファンしか入ってません。あえて1.8インチHDDを使った理由がわからないくらいにガラガラです・・。

それなりに満足していたんですが、メモリークロックなどは333ではなく266になってたり、S30を買えばいいのに民生用の買ったものだから、HDDは1.8インチだし・・。正直、面白みにかけるとも思ってました。
そこでちょろちょろと調べてたら、OCできそうな情報が・・・。

・オーバークロック
オンチップのアクセラレータのメリットは、OCでアクセラレータからのメモリアクセスもあがる(可能性がある)ことでしょうか・・。
試行錯誤で安定上限を引っ張り出してみました。
FSB680MHz MEM340MHzが限界で、これ以上あげると、3D-MMO等の負荷をかけた時に飛んでしまうようです。(一時的にはFSB700,MEM350まで引っ張れました)
ソフトでのOCなので、バッテリー駆動時は500Mまでクロックを落として節電してます。

・ゲーム
さて、OC済みGMA950ですが、それでも3D-MMOやるには正直きついですね・・。
やっているのはRoseOnlineLegendで、グラフィックの負荷は正直軽いほうだと思います。
露店、狩りは、多少ギクシャクしながらも普通にできますが、描画品質を最低にしても、ユニオン戦では復活地点でのサポ入れが限界みたいです。(戦闘に参加したいときは、LavieRX(初代:CPU換装OC済み)を引っ張り出してやるしかないです・・。)
もっともこれはCPUの実力や、HDDの遅さも手伝っての話なので、GMA950だけのせいにはできないのですが。
安くなったメモリーを4G乗せて、1.5GをRAM-DISKに振って一時ファイルとゲーム本体を入れると、それなりに快適になりました。

・はかない希望
せめてそれなりのHW-T/Lが実装されてれば、このクラスでももう少しいけそうな気がするんですが、GMA3100は覚醒しないで終わりそうな感じですし・・・。

あと、東芝にはGMA950のドライバアップデートをして欲しいですね。Intelはバージョンあげてるのに、いつまでたっても出てこないし。Intelのを入れようとしても蹴られるし(裏技はあるみたいですけど)。

・まとめ
OC後も発熱はあまり感じませんが、ファンは多少がんばるようになります。
OCがうまくいったおかげで、今後の持ち歩き用にと買ったX60sの出番が減りました。X60sは、処理能力は上ですが、チューニングしにくいような感じを受けてます。画面もXGAですし・・。
しばらくは持ち歩き2台体制になりそうです。

参考:3DMark05 1.3.0 : 427