デル Vostro 1500

GPU
GeForce 8600M GT
◆ 購入のきっかけと価格
安かったので衝動買い。
ベッドの横に置くマシンにしようと無理やり理由つけて買いました。
T7100/WXGA+/8600M GT/9セルバッテリで¥92,172

◆ 体感速度の変化
ベンチ、体感速度共に早いです。
とても10万円以下のノートと思えません

◆ 液晶の質
思ったよりも良かったです。
上下の視野角は悪いですが、値段の割りに頑張っている方だと思います。
光沢加工がイマイチなのと、明るさがもうちょっと欲しいです。

◆ キーボード:配列やタッチ
今までInspiron640mを使っていたため、ENTERの右にキーがあるのがとても使いづらいです。
また、右Shiftがとても小さくなり、タイプミスが増えました。
ここら辺は慣れればなんとかなるレベルだと思います。
タッチは良い方だと思います。

◆ サウンド
寝っころがりながら使うために買ったので、スピーカーが下にあるのが若干不満です。
音は悪くないです。ビジネスノートにしては良い方だと思います。

◆ 筐体:質感や強度
トップカバーの質感は良いと思います
パームレスト等は安っぽいですが、今までの銀の白プラスチックのダサかったDELLノートを考えれば全然良く感じます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
無難な感じにまとめられています。なかなか良いです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
とても静かです。独立GPUが乗っているノートではトップクラスの静音ではないでしょうか?
アイドル時はとても静かで、負担時もほとんど気にならないレベルの音です。
以前にInspiron6400のX1400モデルを使っていましたが、それより大分静かになったと思います。
光学ドライブはさすがにうるさいですが、これは仕方が無いと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体は重いです。持ち運びにはオススメできません。
ACアダプタはおなじみのDELLのいつもの奴です。若干大きめですが、気になるほどではないかと。
バッテリーを9セルにしたので、後ろにはみ出します。個人的には放熱もよくなるので、下にはみ出してほしいと思いました。

◆ その他
日本では販売されていませんが、マニュアルにはWSXGA+モデルが乗っていたので、
試しにWSXGA+のパネルをポン付けで交換してみましたが、案の定動きませんでした。
EDIDの書き換えでいけるという話もあるので、機会があれば再挑戦してみようと思います。

◆ 総評
90点
キーボード等に若干不満が残りますが、個人的にDELLのノートでは一番気に入ってるモデルです。
欲を言えばもう少し上の解像度を選べるようにしてほしいです。
このスペックでこの値段は間違いなく買いだと思います。
時期によっては8600M GTをのっけて8万円台になることもあるようです。