デル Vostro 1500

GPU
GeForce 8600M GT
◆ 購入のきっかけと価格
Athlon64自作デスクトップとLenovo3000ノートを使用していますが、昨今デスクの方は子供達に占領される局面が増えてきているのと、Lenovoもこれといった不満は無いのですが(巷では不評が多いようですが)2年が経過しているのでそろそろ買い換えても大丈夫かな(家庭内の雰囲気)との思いももちながら機種を検討。HP6500DVを購入しましたがzenデザインといわれる天板のヌメヌメ感に馴染めず、速攻息子に払い下げ。こちらのレポートでも評判の高いVostro1500を10万弱で購入。

◆ 体感速度の変化
6500dvはvistaで一週間程の使用でしたが、vistaは評判通りの出来の悪さでした。その他の仕様はほぼ同じなので劇的な変化はありません。Lenovoと比較しても速いと思える程の差は感じません。私が行う作業程度は現代のPCにおいては、楽勝の領域なのかも。
ビデオエンコードでも1分程度の差はそれが”どうしたの”というタイプの人間なので。
ただ、今後ゲームに走りそうなので、その時には差が出るものと期待しております。

◆ 液晶の質
いいですね。HP、Lenovoといわゆる外資系の比較にはなりますが、一番いいと思います。WXGA+の光沢ですが、映りこみはありますが気になる程でもなし、視野角も広くは無いですが問題なしです。デスクのモニター(NANAO製)と比較しても指摘するほどの問題は無いと思います。時代の進歩ですね。一番心配していた箇所なので安心しました。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーストロークが浅い感じです。もっと手ごたえが欲しい。配列はダメですね。
右端のキーはおおいに不満です。なんとかならないのかな。


◆ サウンド
期待以上です。HPのブランドスピーカーと同等に聞こえます。
ヘッドホンノイズはありますが、USBスピーカー等の解決策がありますのでOKです。

◆ 筐体:質感や強度
一番気に入った点です。ALL艶消しの黒、いいですね。質実剛健・潔い。
全面にあるコントロール類のシルバーもアクセントになっていてGOODです。唯一天板中央のDELLのマークが邪魔。もっと端にすれば100点満点。
質感も最近のチャラチャラした感のある国産メーカーと比較しても遜色ないと感じます。強度現在は問題ありませんが、長く使った場合キーボード等はどうなのか不安はあります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
左側にUSBが無いのが残念。右側はDVDドライブと干渉するので左に欲しかったかな。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静かです。光学ドライブが多少うるさい(sony製)感じですが、外付けドライブを使用しますので問題ありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタは大きいですね。持ち運びをするとしても車での移動なので問題なし。
モバイル前提でこの機種は選べません。

◆ その他
余分なソフトは少ないです。それでもクリーンインストールし直して使用しました。
初めてのPCの方は不便と思いますが、お気に入りのソフトを持っておられる方には何もない方が親切だと思います。

◆ 総評
いいPCです。この性能でこの値段。まさに驚異的ですね。逆にどこでコストを削っているのか心配になります。耐久性とか目に見えない部分だったら嫌ですね。
国産メーカーが儲け過ぎているという事で納得しようと思います。
唯一キーボードの配列が残念です。もっともデザインとコストパフォーマンスを考えれば愛嬌で済ませてしまえますが。
何の変哲も無い外観ですので、経済的に余裕があるのであれば、その時の最高のスペックを発注して”羊の皮を被った狼”的なカッコヨサも演出できるかも。
愛着を感じながら長く使えそうな道具です。
後は妻が6500dvから買い換えた事を気づかないように祈るばかりです。

当HPにはお世話になりました。また2~3年後の買い替えに備えて情報を仕入れさせていただきます。運営の方宜しくお願いいたします。