ソニー VAIO VGN-SZ95S

GPU
GeForce 8400M GS
◆ 購入のきっかけと価格
メインで使用していたPCG-GRV99G/Pが6年経過しそろそろ買い足しでもと考えていた矢先、
液晶回りかグラフィックチップ回りが逝ってしまい、急遽購入。
CPU以外は最小構成の諸費用込み込みで18万弱。
キャンペーンの10000pointでバッグと2Gのメモステを入手('∇')

◆ 体感速度の変化
VIstaはヌメヌメ動いて気持ち悪かったのと、どこでもFFのため到着翌日にXPに入れ替え。
前機よりはスタートメニュー等の表示が若干反応良い気がしないでもないです。

◆ 液晶の質
前機との比較になりますが表示の美しさは少々上昇。
視野角による変化はほとんど気にならず、
光沢液晶にかかわらず、映り込みも意識しないと気がつかない程度。
しかし表示するモノによってはテカテカ感に違和感を覚えることも…

解像度はUXGAからの乗換えなので正直狭いです。
13インチならWXGA+やSXGAクラスでもあれば良かったんですがねぇ。

◆ キーボード:配列やタッチ
Fnキーがキーボード右側にもカーソルキーと並んであるのがうれしい。
タッチはここのレポート等で言われるほど悪くないと思いましたが、
接点が深すぎで違和感があるようです。

タッチパッドの操作性は相変わらず微妙でした…

◆ サウンド
余分なノイズが出ず識別できる音が出れば良いって認識なので問題なし。

◆ 筐体:質感や強度
閉じた状態で持ち歩くには充分な剛性を感じましたが、各パーツの薄さとかは怖いです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
仕事場での使用環境は右側にスペースがないのでケーブル類の取り回しが怪しい状態に。
LANは後方に、USBは左右に振り分けられてれば良かったのですが。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
光学ドライヴ使用時以外は至って静かですね。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体は気軽に移動させる分には充分な軽さ。
ノーマルACアダプタもショート缶の缶コーヒー並みで持ち歩くに不都合無いです。

◆ その他
XP化後、以前のPCとほぼ同等の使用環境を再構築し直し、
ブラウザやメーラー等常用ソフト起動状態でFFベンチを取ってみた結果です。
その環境下で、窓(640×480)状態のFFをフルオプションで軽く遊んでみましたが、
特に支障は無さそうです。

◆ 総評
これで今後PS2が壊れて入手不能でも満足な環境でFF11ができる!11!1!www