エプソンダイレクト Endeavor NA801

GPU
GeForce 8600M GT
◆ 購入のきっかけと価格
VaioSZを使っていましたが、PSUだと結構重かったので新PCに買い替えを決意、
GPU性能とOSにXPが選択できる点でNA801に決定。
発売当日に注文しました。

◆ 体感速度の変化
FFベンチHighが4400から6644に。PSUは、FS1でエフェクトがきついと重くなった
のが、FS0でも快適。とはいえ、ハイエンド設定だとたまに重くなることはあります。

◆ 液晶の質
所謂テカテカ液晶です。視野角は左右上下ともに、正面からずれていくと
暗くなっていく感じです。明るさ発色共に、及第点ではないでしょうか。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーボードは安売りの小型キーボードのような感じで質感タッチ共に
余りよくないので、値段なりという感じ。期待しない方がいいですね。
また右SHIFTキーが小型でSZ等だと右SHIFTキーがある位置に
Fnキーがあるので少々使いにくいです。

また本機の売りの、タッチセンサーはON状態が点灯、OFF状態が半点灯
の仕様なので、反応の悪さと相まって非常に使いにくいです。
DVDドライブのイジェクトスイッチもタッチセンサーなので、
もう少し反応がいいものに改良の必要を感じます。

◆ サウンド
良くも悪くも普通。音量は最大にしても五月蝿くないレベルなので、
ある程度大音量で使いたい方は、外部スピーカーやヘッドフォンを
用意する方がいいかもです。

◆ 筐体:質感や強度
質感はあまりよくないです。値段相応という感じでしょうか。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
排熱ファンは本体背面の方がよかった気も。左手が使用していると
少しあったかくなってきます

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静粛性は悪くないレベルではないでしょうか。8600GTを搭載していることを
考えれば、頑張っているほうかと。
ただ冷却ファンから出る熱気は、それ相応です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽さ大きさ共に、SZ相当の何とか持ち運べるレベル。ACアダプタは意外に小型です。
バッテリーは標準バッテリーの時点で本体から厚み、奥行き共にはみ出しているレベルなので、
駆動時間が気にならない方は、小型バッテリーを選択するのもあり。

◆ その他
納期は早いです。普通に完成品を通販で買うのと変わらない
レベルなのはすごいですね。

◆ 総評
良くも悪くも値段相応。モバイルと3Dゲームを両立したい方にはお勧め、逆に3Dをそれなりでいいのなら、
Vaioなどのメーカー製PCの方が質感等で幸せになれる気もします。
SZなどからの買い替えの方は、質感でがっかりする面があると思いますので、
一度実機を見てから買うことをお勧めします。