エプソンダイレクト Endeavor NA801

GPU
GeForce 8600M GT
◆ 購入のきっかけと価格
相方さんがLavie RX LR500で真・女神転生IMAGINEをプレイしているのを見ていて
そろそろマシンスペックが厳しそうだし、次のマシンに何がいいかなと思っていたときに
EPSONのサイトで10万円キャンペーンをやっているNA801に惹かれて応募、当然ハズレ。
それでも総合的に欲しい感じのスペック・価格だったのでGW前に思い切って購入。
価格は17万円ちょい(メモリ2GB、HDD120GB(7200rpm)、WLAN追加、保証4年+3年ワランティ)

◆ 体感速度の変化
Pentium M→Core 2 Duoの変化とHDDが5400→7200rpmの変化でかなりさくさく感が上がったかも。

◆ 液晶の質
ツルピカ液晶はあまり好きじゃないけど選択できないので妥協。
輝度はしっかり高いので下から2つめくらいで常用。
視野角、見栄えともに問題のあったLavie RXよりはずーっと良いです。
解像度がかなり下がってしまったのは日常的に辛いかも。

◆ キーボード:配列やタッチ
個人的にはASCII配列にしたかったけど選択できないので我慢。
キータッチは可もなく不可もなく、配列も標準的。

◆ サウンド
あまり鳴らしてないのでわかりません。
(ゲームやるのに音を出して遊ばないってのもちょっと不思議かしら)

◆ 筐体:質感や強度
質感はざらざらしているキーボード周辺の塗装が若干安っぽいですが、
液晶裏面の塗装は落ち着いてて割といいかな。
ホントは黒い色で出してもらいたいけど、今すぐ欲しかったので我慢。
まぁ、白いノートなんてまず選ばないから逆に新鮮でいいかなと割り切ってみました。
液晶がかなり薄く仕上がっていますが、強度はそれなりにありそうです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
後ろにHDMIと電源、左右にUSBやLAN、Modem、ExpressCard、SDなどが割り振られています。
特筆すべきはスロットローディングのDVDドライブ。トレイの出し入れが必要ないのは便利です。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
3Dゲームをする際の冷却ファンの音はけっこううるさいです。
ファンを全開で回さないと冷却が追いつかない感じ。そのためHDDの音は気になりません。
もちろんWebブラウジングくらいなら静かに使えます。
光学ドライブはスロットローディングを採用しているため、起動時などにメカの動作音があります。
けっこう音がウィウィッってうるさいですが、トレイの出し入れが必要ない便利さのためなら我慢できます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
標準バッテリを選択しましたが、1.9kg程度はがんばればモバイルって言い張れるくらいです。
ACアダプタはたいした特徴もなく、できればもうちょっと小さくしてもらいたいところ。
普段それほどバッテリで使用する機会がないので、この際軽量バッテリを選択するべきだったかしら。

◆ その他
HDMI→DVI変換コネクタが付属しているとは思っていなかったのでラッキー。
でも、ノートPC本体側にでかい変換コネクタをくっつけるのは邪魔くさいかも。

◆ 総評
全体のパッケージングが他のメーカーでは選べないところを突いてきて絶妙でいいですね。
価格もそこそこで、プレインストールソフトも無駄に多くないのが使いやすくていいです。
今回は保証をしっかりめにつけてますけど、それでも20万円未満で買えるのがありがたい。
納期も大変短くて(発注後2日で到着)、欲しいときにサクっと手に入るのはある意味ヤバいです。(笑)