ゲートウェイ Gateway P-6861jFX

GPU
GeForce 8800M GTS
◆ 購入のきっかけと価格
1年前のレポートではVistaは当分見送ると書きましたが、
高性能な上に18万という価格にクラクラとなりポチってしまいました。
ケーズデンキで17万8千円。

◆ 体感速度の変化
VistaですがG30と比べても体感速度は上がっています。

◆ 液晶の質
ゲートウェイはいつからこんなに液晶が綺麗になったんだ!
WUXGAにありがちな色むらも無く、非常に良いです。

◆ キーボード:配列やタッチ
固めのキーボードですが、柔らかいほうが自分は好きですが
問題にするほどでもないです。

◆ サウンド
内蔵スピーカーは普通ですが、ヘッドホン使用時は迫力ある音が楽しめます。
前のゲートウェイはヘッドホン使っても音が良くなかったのに・・・。
改良された結果なのでしょうか?

◆ 筐体:質感や強度
カッパーメタリックの塗装は微妙だと思えたが、実物を見るとかっこいい。
また光沢ある天板とパームレストも良いが、指紋が目立つ上、傷がつきやすい。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
ゲートウェイらしく、背面にコネクタがほとんど無く、右に集中している。
気になるのは熱風の出るファンの横にUSB端子が2つある点。
熱で壊れないか心配。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
負荷をかけなければ静かですが、負荷がかかるとファンが唸りだす。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
大きめのアダプタですが富士通NXには及ばない。
4.2キロの重量も持ち運ばないのでまったく問題なし。

◆ その他
G30のGo7600から8800MGTSに変わったので、カクカクのところも
スムーズに動くようになりました。

◆ 総評
以前にMX6630jのX600SEでの苦い思い出のあったゲートウェイですが、
このP-6861jFXは非常に良いですね。
以前は中途半端といわれた性能と、暗くいまいちだった液晶が大幅に改善。
相変わらず熱が問題とされていますが、これだけのハイスペックと約18万という
価格を考えれば大満足な買い物だったと思います。
最後にゲートウェイ少し見直したな・・・。

------------------------ 2008.9.26 追記 ------------------------

◆ 総評
7812jFXを購入したので改めて先代機のベンチをやってみました。
8800M GTSの位置としては9700M GTS以上、9800M GTS以下といった所か。
いくら9800M GTSに劣るといっても、MX8736jの7900GSとは比較にならないほどの性能です。

------------------------ 2009.2.20 追記 ------------------------

◆ 総評
7812jFXに続き、6861jFXのドライバ更新後の再レポートです。
最初に登録したのはデフォルトの167.46でした。
その後176.15に更新し、今回179.28に。

ドライバVer.167.46176.15179.28
3DMark06792780548180
3DMark05140641412014360
MHFベンチ540062006304
DMC4ベンチ(Dx9)未計測AランクSランク
DMC4ベンチ(Dx10)未計測BランクBランク
FF11ベンチ689662986027


167.46では最適化が進んでいないのかMHFベンチでスコアが4Gamerのレビューの9700M GTSよりスコアが低かったが、176.15に更新したら大幅にスコアが上昇。
9700M GTSより明らかに性能は上のようだ。
3DMark05、06も100前後上昇。179.28ではこれらのベンチでさらにスコアが伸びた。
DMC4ベンチでもAランクだったのがSランクになった。

逆にFFベンチは最新ドライバになるにしたがってスコアが下がっている。
この傾向は9800M GTSの7812jFXにも現れており、この機種だけの問題ではなさそうだ。

9800M GTSとの比較では10%~15%程度9800M GTSの方が上のようだ。

最後に6861jFXも大変良い機種なのですが、3ヵ月後に7812jFXが発売されてしまい
影が薄くなってしまいました。