ASUS EeePC 4G-X

GPU
Intel 910GML
◆ 購入のきっかけと価格
店頭の展示機をさわってみて、かなりサクサクと動く事に感動。
さらにネットで調べると簡単にCPUのオーバークロックが可能とわかったので、
寝室のネットブラウズ用に購入しました。購入価格は3万8千円です。

◆ 体感速度の変化
メイン使用のXPS1710は、常駐も含めかなりのソフトをインストール
してある為、起動に若干のもたつきがありますが、701に関しては、
最低限のソフトにオーバークロックの組合せで起動がまず速いです。
ブラウズ中心の作業では、1710より体感速度は速く感じます。

◆ 液晶の質
みなさん指摘されてますが、やはり解像度の狭さはマイナスポイントです。
ただしノングレアの液晶の質そのものは発色やバックライトの明るさ等、
十分な質をもっていると思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
私は手が小さく指も細いので、言われている程キーボードが打ちにくくは
感じていません。ストローク感はもう少し固めがいいかな?と思う程度です。
ただ半角全角切替キーはTabキーの上が良かったですが・・

◆ サウンド
液晶横の特等席を使用しているだけあって、なかなか良い音を出します。
但しあくまで「定位に優れ聞きやすい」というレベルで、「音質が良い」
という感じではないと思います。

◆ 筐体:質感や強度
エッジ部の処理やヒンジの頑丈さなど、全般的にかなり満足しています。
特に厚みは手で持つのにちょうど良い感じです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
右2+左1のUSBポートは実に使いやすいです。
もっとも必要最低限のコネクタしか元々ありませんが。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
さすがに0スピンドル、静粛性に関しては文句なしです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運ぶ、という事に関しては後発の901と比べて圧倒的に優れています。
僅かな重さ・大きさの差ですが、手に馴染む感じは実に優れています。
ただバッテリーに関しては標準クロックで約3時間、オーバークロックで
約2時間強ともう少しもって欲しい、という感じです。

◆ その他
購入時にはeeectlというオーバークロックやファンコントロールが出来るツール
がフリー配布されていたので、iniファイルに手を加え、1.2Ghzに
オーバークロックして安定使用しています。
定格900Mhzと比べると明らかに全ての処理にスピード感が出ます。
FF11ベンチ高解像度でも・定格900Mhz;スコア935に対し
1.2Ghz;スコア1256と、クロック率に比例してスコアが上がります。
低解像度ではスコア1869まで上がりますので、低解像度環境であれば
そこそこに3Dゲームにも使えると思います。

◆ 総評
最近ULCPCが各社から発売され、蹴茶さんのところにもいくつかレポートが
上がってきていますね。
EeePC701と901だけではありますが、購入し色々と遊んでます。
今後このクラスの主流になりそうなAtomCPUで3Dゲームにどれくらい
対応出来そうなのか?機種選択の参考になればと思い、レポートさせて頂きます。