東芝 dynabook TXW/69DW

GPU
Mobility Radeon HD 2600
◆ 購入のきっかけと価格
メインで使用していたXPS1710が年末に壊れてから、
手元にある期間より修理で手元にない期間が長くなっているためのメインPCを確保するためです。
当初はQosmio FXW/75GWを検討していましたが、画面がこの機種とかわらなかったのと、
東芝パソコンシステムで販売している中古品ではあるが程度のよさと3年保障付で98000円だったのこちらに決定しました。

◆ 体感速度の変化
CPUの性能はアップしてますが、XPからVistaに変更になったことで立ち上げるソフトによっては、もっさり感があります。

◆ 液晶の質
左右から見たときに少し見づらい気はしますが、写りこみもそこまで気にならないので十分だと思います。
この機種とFXW/75GWを検討しているときもおもったのは、解像度がWXGA+あると良いなーと思ったりもしました。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーサイズは十分です。ただ、サイズの割にはタッチ感はふにゃっとしているので
好き嫌いはあるとおもいます。

◆ サウンド
ノート中では良い音質です。
音質的にはクリア感のある音には向いているのではと思います。

◆ 筐体:質感や強度
見た感じで安っぽさは感じないですが、筐体をもつと少しチープな感じがします・・・。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
普段は据え置いて、たまに移動して使うようなノートだと思うので
電源やLAN、常につないでおくUSB機器用のUSBポートは筐体背面にあるほうが便利だと思いました。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
冷却ファンは回転数が上がっているときは、少し気にはなりますがいやな音でないので、あまり気になりません。
光学ドライブは、ソフトのインストールやCDの録音時にしか使わないので気にしていません。
使っているときは爆音ですが東芝のソフトを使えば抑えられるので、DVDなど見る場合は使うといいかもしれません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体とアダプタで3kgいってしまうので、毎日もってというのはきついです。
家の中での移動と、たまに持ち歩くぐらいが妥当だと思います。

◆ その他
主な用途がDTMとなるので、Vistaなのが少しきついところです。
Vista対応は増えていますが・・・一部の機能が使えないとかあるので
DTMに関してはXPのほうが向いているので、ドライバの提供があるとうれしいところです。
このぐらいのノートになると、DTMもソフト音源で動かしてもまったく問題ないのはかなり助かります。

◆ 総評
Vistaと液晶の解像度が少し残念ですが、
外装もほぼ新品で、この性能で3年保障つきなので満足です。
主用途がDTMなのであまりやりませんが、FFXIなどの少し前の3Dゲームなら普通にできます。
東芝系列の会社で取り扱っているので中古でも、条件がそろえばいいものがでています。ただ、新品ではないので必ずほしいものがでているとは限らないですが・・・