東芝 dynabook Qosmio FX/77G

GPU
GeForce 9600M GT
◆ 購入のきっかけと価格
2~3年周期でノートPCを買い換えています。
GeForce-PhysXできそうなノートを探して購入。ちなみに以前はVAIO-SZ-72BB使用。
購入価格:合計26万くらい(自宅近くの家電屋さんで本体購入)
内訳
 本体(22万・・・田舎なので高価です)
 メモリ[Transcend DDR2 SO-DIMM PC2-6400 2GB] x 2 = \10.000弱
 HDD[Seagate ST9320421AS 320GB/7200rpm/16MB cache]= \15.000弱
 USBメモリ[IO-DATA TB-BH2/4G/R] = \4.000弱
 SSD[Transcend 16GB ExpressCard34のSSD]=\7000弱

◆ 体感速度の変化
本体のみで使用していましたが、どうも重く感じたため色々と換装。
高速USBでReadyBoost稼働・・・起動やIEが速くなった感じがした。
メモリを4Gへ変更・・・ディスクアクセスが減った感じ・・・。
ソフトを動かすのにHDDが遅い・・・CrystalDiskMark 2.2でSeqのR/Wが50無い?!
そこで、内蔵の富士通HDDからSeagateのHDDへ変更、快適・・・。

 ※Transcendの16GB ExpressCard34のSSDも使いましたが、
  「なんちゃってSSD」でした・・・
  速度はSDカード並だと思ったのですが、それよりも遅いです。

◆ 液晶の質
Win98の頃から使用していた歴代ノート達(レッツノート-2台。VAIO-2台)に比べ悪い。
輝度など色々と変更しても黒が黒ではなく、液晶に対して垂直に画面を見ないと
眼が疲れるような気がします。

◆ キーボード:配列やタッチ
特になし。

◆ サウンド
良いです。これは気に入りました。

◆ 筐体:質感や強度
光沢もあり高級感もあるのですが、指紋がつくので気になります。
エレコムのキーボードカバーで覆って、タイピングしてます。
(液晶も光沢気味で嫌いなのでフィルム貼ってます)

◆ 筐体:各種コネクタの位置
コネクタの位置は良いですが、長期使わないポートなどはホコリが入りそうです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
さすがに光学ドライブは うるさいですが、常時使用するわけではないので
気にしていません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
以前使用していた歴代モバイルサイズノートに比べると
完全にデスクトップノートです。

◆ その他
GraphicDriverをアップデートし、PhysXが使えるようになりました。
7.15.11.7784(ForceWare177.84)で PhysXデモを見ましたが、
フレームレートは悪いものの9600M-GT(DDR2)でも効果があり
土管から水が流れるデモやファッションショーで女性のウォーキングデモは
PhysXのON/OFFで違いがわかります。
また、コアクロックやメモリクロックが可変になったのですが
GPU温度が下がるのかどうかよくわかりませんでした。

銀英伝のベンチマークは「3881」でした。


◆ 総評
ノートでPhysXというのも無理がありますが、主な使用目的はネットとメールです。
にしては、換装の為に金をかけすぎてバカっぽく思われるかもしれませんが、
逆に少しだけオリジナル感があるような気がして意外にも気に入っています。
(あとは液晶が良くなれば・・・)

2台目HDDを認識しそうなBIOS画面だったのでHDD増設できないかな~と
本体をバラしてみたいと思ってます。
(ハード的にSATAコネクタがあるのでしょうか??)

今度、レースゲームのNeedForSpeed(MostWanted/Carbon/ProStreet)を
試してみたいと思います。

※HDDのベンチは、SeagateのHDDベンチ結果で 元のHDDベンチ結果ではありません。
 (すみません。HDD換装前の結果を残してませんでした)
 また、CrystalDiskMark 2.2 です。 2.1を見つけられませんでした。