東芝 dynabook Qosmio WXW/79GW

GPU
GeForce 9800M GTX
◆ 購入のきっかけと価格
これまでXPS1710を使用していたのですが、購入して1年強でGPUが故障。
修理するも1月程度でGPUがまたまた故障!!
修理するのも馬鹿らしくなったのでRADEON4800シリーズ搭載のノートPCがでるまでXPSを放置で待とうと思っていたのですが…

東芝サイトにてWXW/79GWが198000になっているじゃありませんか!!
無意識でポチっていました。

◆ 体感速度の変化
この機種で初VISTAなのですがXPS1710(CORE2DUO @2.33GHZ)&デスクトップ(PHENOM@3.1GHZ)と比較してもっさりといいますか、体感速度の向上は感じられません。

◆ 液晶の質
蹴茶さんのレポート通りで輝度が最大でも少し低いかもしれませんね。
経年劣化でさらに輝度が落ちたらどうなるのでしょうか。
発色については黒色がしまっていて綺麗ですね。グレア液晶にしても私の使用環境では映りこみも少なく満足しています。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーボードに関しては蹴茶さんのレポート読んで覚悟していたのですが多少たわむくらいでまぁ許容範囲です。
配列はノートPCを買い換える事に慣れる事になるので可もなく不可もなく。
ピアノ調つるつる塗装は半日で見慣れました(笑)

◆ サウンド
このノートを購入して一番驚いたのがサウンドです。
我が家のPCの中で一番音が良いです。いつもプレイしているゲームのBGMが違う曲に聞こえました。またロックグルーブのライブDVDを最大ボリュームで見ても音割れすることもありませんでした。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
私の使用環境ではUSBコネクターが後2~3個あっても良いかなぁと言うくらいですか。
メディアスロットの蓋がひじょ~~~~に開けにくい。なんとかして東芝さん!

◆ 排熱:筐体の温度
排熱は非常に優秀なのではないでしょうか。私はZALMANのNC2000を併用しているおかげかゲーム等してもほとんど熱くなりません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
冷却ファンは頻繁に回りますが耳障りでは無いです。

◆ その他
私はXPS1710のnvidiaのGPUで痛い目にあったので9800GTXでは壊れないよう祈るばかりです(笑)

◆ 総評
総合評価で5点をつけましたが、これは198000円という価格に対してです。
これが定価280000ですと4点か3点くらいかな。
私は地方在住なのですが注文してから、翌日商品到着という素早い対応も総合評価に加算してあります。