HOME > レポート一覧 > マクラビンさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Precision M2400  マクラビン さん

>> デル

 No. 2603

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.6 5.9 3.5 4.7 5.6 3.5
3DMark06 1879
3DMark05 3313
FF11v3 高解 4615

◆ 購入のきっかけと価格
先日購入したE6400を妻が気に入ってしまい彼女のために赤のモデルを購入するはずが
私がQuadro NVS 160Mの性能の一部に不満を感じていたこともあり
自分用にM2400を購入し、妻には私のお下がりのE6400で我慢させる作戦を実行しました。

◆ 体感速度の変化
Latitudeでは選べるP9500が、なぜかPrecision全てで選べないため
発熱などの面で不安を感じつつもT9600にしましたがほとんど差を感じません。

Quadro NVS 160MとQuadro FX 370Mがほぼ同一のモノとは調べて知ってはいましたが、
実際のベンチマークで全くといっていいほど差が出ないのにはびっくり&ガッカリしました。

エクスペリエンス・インデックスのスコアが微妙に上がる程度です(笑)


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
E6400とは共通の筐体なので液晶裏の天板のデザインしか違いがありません。
ただM2400は波打ってるデザインになっているので若干反りに強い感じです。

また天板はメタリックシルバーで底面部などは黒色で塗装されています。
素材はE6400と同じく金属製のようです。


◆ 排熱:筐体の温度
さすがにP9500のE6400と比べると若干熱い感じはします。
思ったほど熱くなかったのは良かったのですが
性能差と価格差を考えるとP9500が選べないのはマイナスです。


◆ 総評
E6400とスペックの差がほとんでない上、PrecisionではP9500が選べないなど
コストパフォーマンス的に考えてわざわざ選ぶ機種ではないと思います。

ただ保守面では翌日対応(E6400)から当日対応(M2400)などの差がでてきますが、
もちろんそれらも価格面に反映されていますので、
M2400に余程の何かを感じた人以外にはおすすめできません(笑)

E6400からのスペックアップを考えている方がもしいるのでしたら、
内部のWWAN/FCMの空きコネクタにIntel Turbo Memoryの4GBを増設し、
ITM DashboardでWindows Explorerを高速化設定してやるほうが効果あります。

最後に前回同様、銀河英雄伝説ベンチマークの数値を書いておきます。
デフォルト設定で3471とE6400とほとんど差がないというオチでシメさせていただきます。

ブルーの天板が気に入られたのか、奥様がE6400を所望。結果短期間での買い換えとなりましたが、筐体を同じくするPrecision M2400を選択。保守の手厚さで違いがあるようですが、性能面では両GPUともシェーダー数8つであまり変わらない結果に。よほどの事が無ければ敢えて選ぶ必要はないかもーというのがマクラビンさんの結論となっています。

最後にIntel Turbo Memoryの増設についてちょこちょこと書いてくださっています。いまは7000円ほどで売られています。
 → Intel Turbo Memory(4GB)(NVCPEMWR004G210)の概要 [2008-12-2]

ITM Dashboardこと「Intel Turbo Memory Dashboard」の概要については以下の記事などを参考に。
 → 「高速に起動をしたいアプリケーションをドラッグ&ドロップで登録できる管理ソフト『Intel Turbo Memory Dashboard』を提供」

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > マクラビンさんのユーザーレビュー