ASUS ASUS N10J (Normal)

GPU
GeForce 9300M GS
前回、オーバークロックのレポート載せさせていただきました。
とうとうXP仕様のN10Jcの発表もされました。
今回は通常仕様のレポートとなります。

◆ 購入のきっかけと価格
コンパクトな筐体に単体GPUを乗せた機体を探していたのですが、VAIO TypeZより小さいN10Jの発表を知ったので買っちゃいました。

◆ 体感速度の変化
Atomでvistaは不安だったんですが、GeForceがあるのでエアロを使用すれば軽くなります。
XPに乗せかえる予定でしたが、しばらくvistaのまま使っていこうと思います。

◆ 3D処理能力
Atomなのでcore2系ほどの期待はできません。
初めに入っているGeForceのドライバーはアスペクト比の固定ができません。
ASUSのサイトに新しい物があるので、OSにあった物を使いましょう。
新しい物はアスペクト比の固定できますし、すこしパフォーマンスが上がります。

MHFベンチ 1024x600

1.60G  1254
1.76G 1348
2.0G 1535

  デビルメイクライ4ベンチ 1024x600

1.60G ランクD
2.0G ランクC

◆ 液晶の質
光沢なので画面に映りこみはありますが、動画鑑賞に最適。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーピッチ18.5はA4ノートと変わりなくタイピングできます。
EeePC901-Xとは比べ物になりません。

◆ サウンド
ALTEC LANSINGのスピーカーを積んでるので、モバイルPCとは思えない音を楽しめます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
端を片手で持ってもギシギシと音を立てることも無いです、USBも左右にありますし、SDカードスロットが前面に来たのは使いやすくてとても良いです。
左側のUSBでDVDドライブのバス駆動できました、右側は未確認。

◆ 排熱:筐体の温度
筐体に余裕があるせいなのか、底面とパームレストともにあまり気になりません。
膝の上、毛布の上でも使えます。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
排気音とHDDの両方ともかなり静かです。
環境にもよると思いますが、ベンチマーク中でもファンはあまり回りません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ミニノート、国産本気モバイルと比べると若干重めです。
ACアタプターはEeePC901のより大きいですが大差無いです。

◆ 総評
このサイズにGeForceを積むのは面白いと思います、オンボードとは比になりませんし、ミニノートPCの楽しみ方以外にも動画支援があるので、ある程度の動画再生もできます。
オーバークロックも2.0Gまでなら安定しました。2.2Gでもベンチマーク完走できたので安定確認できたらまたレポートするかもしれません。
※オーバークロックは失敗すれば起動不可能などもあるので自己責任で。