Lenovo ThinkPad T400(2764COT)

GPU
Mobility Radeon HD 3470
はじめまして。今回購入の参考にさせていただきました。
そういうこともありレポート書こうと思いました。


◆購入のきっかけと価格
フォトレタッチ用の省スペース自作PCが壊れ、
ThinkPad T42が老朽化していたこともあり、
両者と統合しようとThinkPad T400を購入しました。


◆ 体感速度の変化
10MpixオーバーのRAW画像も高速に現像できる速度です。
(PhotoshopCS3のCamera RAWを使用した場合の速度です)
またHDDを純正SSD(64GB)に換装していることもあり、
さまざまな場面で速度の向上が実感できています。


◆ 液晶の質
LEDバックライトということもあり、T42と比較すると
輝度も高く、色再現性・諧調性・視野角などかなり良いです。
通常はミニドックのDVI-D経由で外部液晶(L997)に表示させているので、
それと比較してしまうとまあまあというところです。


◆ キーボード:配列やタッチ
キータッチは少しスコスコした感じを受けましたが、
慣れの問題なのかもしれません。


◆ サウンド
ノートとしては良いほうだと感じました。
ミニドックのS/PDIF経由で出力することもできるようですが、
いまだ試したことはないので詳細は不明です。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
強度は高そうですが、微妙なガタツキは感じる箇所があります。
PCカードとExpressカード両方を備えているのは良い点です。
その他、ドッキング・コネクターの存在も重要な要素です。
(マウス以外のケーブルはすべてミニドックに接続しています)


◆ 排熱:筐体の温度
通常時はわずかに暖かい排熱を感じられる程度。
GPU(HD3470)を酷使するベンチ(3DMark6とか)を動かすと
それなりに熱い空気が出てきます。
筐体に熱がこもるような感じはなく、
排熱はしっかりされていると感じました。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
メインのSSDは当然ながら無音です。
2ndHDDアダプターに入れているHDDも思いのほか静かです。
冷却ファンは通常時はとても静かで、CPUに負荷をかけても
それほどファンの回転数はあがらない感じです。
GPUに負荷がかかるとそれなりに回転数はあがりますが、
甲高い音がなく耳障りには感じませんでした。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
カスタマイズで9セルバッテリーを選んだこともあり、
A4モバイルノートとしては重い部類になってます。
ACアダプタも90Wタイプで軽いとは言えません。


◆ その他
OSに関しては、メインのSSDにVista Business(x64)を、
ベイアダプターの2ndHDDにXPをそれぞれ入れています。
(3DMark06はVista(x64)で、FF11はXPでそれぞれ計測)


◆ 総評
私にとって、ドッキングステーションや2ndHDDアダプターなどの存在が
T400の大きなアドバンテージになっています。
普段はミニドックに接続して省スペースデスクトップとして使い、
ボタンひとつで本体のみ切り離して持ち運べる。
多少重くなっても高価になっても、そういうニッチな要望に
応えてくれる度量の広さも、ThinkPadの魅力だと思います。