ドスパラ Galleria MV

GPU
GeForce 9600M GT
◆ 購入のきっかけと価格
2年半使っていたLavie Cに主にゲーム関係で限界を感じたので
買い替えを年内にしようと考えました。
普段使っているアプリケーションや各種ゲームを鑑みても
VISTAである必要を全く感じなかったためXPのものを選択対象にしました。
その中でドスパラが一番コストパフォーマンスがよさそうと判断し
基本構成からHDDなどカスタマイズ、保証などつけて17万強で購入しました。

◆ 体感速度の変化
今まで使っていたLavie CがPentiumM740&MobilityRadeon X600なので
これは数段快適になったと思います。
特に各種ゲームの起動・終了の時間がかなり短縮された感じですね。

◆ 液晶の質
視野角がLavie Cと比べ狭くなってますが、質そのものは満足です。
WXGA+モデルが残ってる間に買えばよかったと少し後悔もしたのですが
現物が届いて使い慣れるとWSXGA+でも過不足はありません。

◆ キーボード:配列やタッチ
Lavieの時から沈み込む感覚のキーボードだったので感覚は同じく使えてます。
PauseBreakが右上にあるので慣れるまでDelと間違いそうです。

◆ サウンド
ノートにしては必要十分レベルかと。
Realtekの設定で高低音や反響エフェクト掛けると結構臨場感も出せますね。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
選択肢をXPに絞った時点である程度割り切っていました。
東芝やHP辺りと比較すると機能美とは無縁で「どうせ真っ黒だから」と
思ってましたけど、実物を見ると製品写真ほど安っぽくもなかったです。
☆1つ半くらいの気分でいましたけど、☆3つ弱に修正と言った所でしょうか。

◆ 排熱:筐体の温度
これもある程度折込済みの要素ですので…
同時期にPavilion dv7を購入した友達がいてそちらと比べてみると
やや温かいかなと言う実感はありました。
ただ負荷がかかるゲームをしても、温かいレベルで明白に熱いとまで
感じる事は(今のところ)ないので予想よりはよいのでしょうか。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
Lavie Cが後ろだったのに対し左側に全部あるので
その点からか各種音や動作の挙動が多少気にはなるところがあります。
左から熱風が出るのは、今の時期だけはいいかも知れませんが。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
前機よりは軽いですね。
モバイル要素は考慮外なので1kg近く軽いだけでこれは満足です。

◆ 総評
XP縛りを選択肢を狭めた中ではいい買い物ができたと思ってます。
事前減点材料の排熱と筐体が「思ったよりは」よかったのもありますが。
ゲームも一通り快適に動いてくれますし、現時点では90点近くの採点です。