ツートップ ViP SR

GPU
GeForce 9800M GTS
◆ 購入のきっかけと価格
2007年2月頃に購入した東芝AW6を、かれこれ2年近く愛用してきましたが、今回GTA4とFarcry2という大作が2つ発売され、AW6のGeforce7600では力不足なので、思い切って購入しました。ネットで買うと納期が長かったので、ツートップの店頭で買いました。従って仕様変更は駄目だったので、スペック的にちょっぴり不満な部分もありますが、まあ良いでしょう。 価格はざっくり20万円ちょうどぐらいです。
このマシンを買う理由としては、重さが3.2kgとリーズナブル、WindowsXP搭載、それとGeforceM 9800GTSを搭載しているということです。

◆ 体感速度の変化
東芝AW6と比べてWindows起動は然程早くなってませんが、ゲーム体感速度はぜんぜん違いますね。買ってよかったと思ってます。

◆ 液晶の質
良いと思いますが、やはりWUXGA(1920x1200)は、広い!というか文字が小さい!
30台後半の自分にしてはちょっぴり辛いかも。まあその分エクセルの使用範囲も広いし、普段は外部モニター使ってますので、今はそれほど不満ではありません。

◆ キーボード:配列やタッチ
これは結構好みです。比較的浅いという感じですがしっかりしてます。

◆ サウンド
もともと期待しておらず、普段はヘッドフォン使ってますので、気にしません。
まあまあだと思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
Clevoの筐体は初めてですが、悪くない気がします。結構がっしりしてます。
天井触ってもベコベコしたりしません。コネクタ位置も右にUSB2つ、後ろに2つで、モニター接続も後ろで悪くありません。というか良いと思います。
ベースはClevo M860TUという奴で、エプダイでも採用されている機種だと理解しているので、悪い筈がないと妄信してます。

◆ 排熱:筐体の温度
ゲーム以外の使用だと、右側がほんのり暖かいぐらいですが、今は冬ですし良くわかりません。2世代前に使っていたEndeavor NT9500Proは業務で長く使用すると結構手のひらに汗をかいたものですが、それとおなじぐらいかも。。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
3DMark06をやっているときはファン全開でしたがあまり気になりませんでした。
HDDの音も普通でしょう。 光学ドライブはチャチな感触ですし、音も結構うるさいですが・・

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体はかろうじて持ち運び可能ですが、毎日持ち運ぶのは少し辛いと思います。 長期出張時には苦労しそうです。AW6は2.8kgでしたが、経験上この0.4kgの差は歴然です。アダプタもかなりデカイです。

◆ その他
2GBメモリを付け足して合計4GBにしたつもりですが、なぜかOS上は2.5GBぐらいしか認識されません。3GBぐらいになってほしかったのですが。。

◆ 総評
業務で使うこともあり、会社のシステム上Windows XPのパソコンしか使えず、購入するにあたっては必然的にBTOパソコンショップ製品に限定されました。
マウスコンピューターのm-book p650 (GeForceM 9500GT)と少し悩みましたが、やはり最後はGPU性能と3.2kgの本機に決めました。中学時代のファミコンから、かれこれ20年以上もゲーム好きが続いてますが、そろそろ卒業かなとも思い、今回の購入が最後の大花火だと思ってます。蹴茶さんのHPも長ーく拝見させていただいております。ありがとうございます。