Lenovo ThinkPad T400

GPU
Mobility Radeon HD 3470
◆ 購入のきっかけと価格
きっかけ:2年前よりLavieG typeCを使用しています。
まだまだ現役で使えるのですが、仕事上PCを持参する出張が増えてきました。
本体4.3kgにバッテリーを持ち歩くのには耐えられなくなり、買い換えを決意しました。
重視するのはスペックの高さ、重くないこと(14インチ程度)、堅牢性、ブランドの信頼性、バッテリーの持ちがよいこと。
そこで候補になったのがこのT400とLet's note F8。
かなり悩みましたが、重さよりスペックを重視することにしました。
毎日持ち歩くのであればF8を選んだことでしょう。

価格:本体とエッセンシャル・ポートリプリゲーターでぎりぎり20万円。
上記の重視する条件に合致すれば多少高くなっても構わなかったのですが、、、同じものなら安いに越したことはないです。

◆ 体感速度の変化
元がCore2Duoの2GHz, メモリ2GHz。
正直、それほど違いは感じません。

◆ 液晶の質
十分許容できます。
多少明るさを落としても十分です。
ただ、元がWUXGAだったのでやや狭く感じます。
もう少し細かい液晶が選べるとよかったのですが。

◆ キーボード:配列やタッチ
評判通り打ちやすいです。。
一部には剛性が弱いとの記事がありましたが、気になるほどではありません。

問題点が2つ。
1. トラックパッド
トラックポイントは確かに使いやすい。
慣れたらLavieのトラックパッドと同レベルかそれ以上になりそうです。
でも、それ以上にThinkPadのトラックパッドがだめだめ。
パッドの感度が悪いし、クリックが非常にしづらい。
本気で使わせる構造ではないです。
だからThinkPadを使う人は皆さんトラックポイントになるんでしょうね。
激しく納得。

2. PgUpとPgDn。
左右と押し間違えます。これは困る。
おかげさまで、このレポートも一通り書いたところで1回完全に消えてしまいました、、、。
フリーソフトで左右に割り振りました。これなら間違って押しても同じことになりますから。

◆ サウンド
気にしません。
どうせ職場ではヘッドホンやスピーカーを使用しますから。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
そもそも軽さと堅牢性や質感の両立を求めるのは限界があります。
これなら十分許容範囲です。

◆ 排熱:筐体の温度
ずっと使っていると右手首のあたりが少々暖かくなる程度です。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
予想した程度の軽さです。
バッテリーをカスタマイズで9セルにしました。
これによりバッテリーを持ち歩く頻度が減らせるはずです。
ただし、外見的には後ろ3cm程度はみ出しますので、「黒い四角い箱」が好きな方にはおすすめしません。

◆ その他
やはり外資系、日本のメーカーに比べると通販がぶっきらぼうですね。
申し込んでからしばらく発送の表示が出て、9日後に届きました。
確かに、サイトの片隅に「発送から10日前後で到着」と書いてあったので文句は言いませんが。

◆ 総評
ThinkPad初購入です。
噂通り使いやすいです。
できれば3年くらい使いたいですね。

最後に。
今回のノート購入に関してこのサイトの情報を参考にさせていただきました。
お礼をかねてレポートを書かせていただきました。