ACER Aspire 6930G-B32

GPU
GeForce 9600M GT
◆ 購入のきっかけと価格
ソフマップで99800円と安くなっていたため、衝動買い。

◆ 体感速度の変化
CPUは2.26GHzのP8400だが、2.5GHzのT9300、T9400と比べると多少遅いかな。

◆ 液晶の質
普通の海外製PCの液晶といったところ。視野角は上下が狭い。
16:9の液晶は初めてだが、1366*768だと縦の解像度が足りない。
また、横が広い割に縦が狭いのでアンバランスな気がする。

◆ キーボード:配列やタッチ
テンキー付のキーボードだが上でなく下にPg Up、Pg Dn、Home、Endキーがあり
使いにくい。
GatewayのMX8736jのキーボードのように中央が盛り上がっておりさらに結構たわむ。

◆ サウンド
メーカーサイトでは音をウリにしているようだが、そこまで良いとも思わない。
だが、一般的なノートのスピーカーよりは上だろう。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
強度はあまりなさそう。
コネクタ配置は背面にコネクタ類がなく、ほとんど左に集中している。
右に集中しているゲートウェイとは逆なのが面白い。
USBは右に2、左に1だが、手前側なので使いにくい。

◆ 排熱:筐体の温度
冷却台を使っているので問題ない。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
冷却ファン、HDDは静か。
光学ドライブの音はかなりうるさい。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
3.2Kg、いつも書いてますが持ち運ばないので評価には関係なし。
ACアダプタは小さい。

◆ その他
値段は安かったがGPUの9600M GTはGDDR3で性能は悪くない。
なぜかFFベンチだけHが4265、Lが6420と低いのが気になる。

◆ 総評
本来なら総合評価は3にしたいところだが、値段が安かったことと
最初から欠点はそれなりにあるだろうと割り切って購入したので
そこまでのマイナスにはしないので4とした。
ミドルレンジの9600M GTでも結構な性能だと感心したが、やはり
ハイエンドの8800M GTSや9800M GTSと比べると重い場面で明らかに差が出る。

18万の6861jFX、19万の7812jFXを購入してミドルレンジGPU搭載モデルは
10万位までしか出したくないと思っていたところ、GDDR3の9600M GT搭載で
99800円と安かったので欠点は多少ありますが、それなりに満足できる買物だったと思います。