デル Studio XPS XPS 13

GPU
GeForce 9500M
◆ 購入のきっかけと価格
DELLセールで人柱覚悟の衝動買い、10万ほど

◆ 体感速度の変化
E6400より確実に遅いですね。初期搭載のマカフィーも悪さをしてくれて最初はフリーズ多発でした。結局マカフィー初期セットアップ時にアンインストールすることで解決しましたが。

◆ 液晶の質
並より上だと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
配列はともかく形に難があります。蹴茶さまのご忠告どおり、人のアドバイスはきちんと聞かねばなりませんね。

◆ サウンド
言うほどよいものでもないと思います。サイズを考えると妥当かと。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
結構派手ですね。強度は問題ないでしょう。が光沢が少し気に入りません。
といってもE6400のほうが確実に上になってしまいますが。

◆ 排熱:筐体の温度
表面はそれほど熱くなりません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ベンチマークでは結構ファンが回ります。ゲームの音が消えた瞬間ファンの音が・・・といったところです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
小さいのですがずっしりとくる重さです。密度が濃いのでしょう。ACアダプターは平べったいデザインになっています。

◆ その他
ハイブリッドSLIの有効性に疑問を持ちました。MHFベンチでは1000を切る有様、完全にローエンドグラフィックのスコアそのものです。
またDMC4でもその効果を発揮できていません。そのためどれだけゲーム環境に寄与できるかに相当な疑問を持たざるを得なくなりました。負荷の大小で決まるのならMHFは100歩譲ってもDMC4など9600MGTでも少し重いほど(週アス特集でC判定)ですから言い訳は通用しません。
ただロストプラネットではハイブリッドSLIの効果をきっちりと発揮してくれています。ゲーミングPC並とはいかないまでもでたらめに設定を落とさずとも遊べるでしょう。
このあたりはドライバとゲーム側のアップデートで対応を期待するしかないですね。
ベンチ結果は以下のとおりです。
DMC4(18.69/12.33/20.05/11.69)D
ロストプラネット(Average26 Snow17 Cave24)
*いずれもDX9のものです

◆ 総評
今の段階では「人にお勧めするには躊躇する」モデルです。今回は一応3ですが10万という価格込みの判定、もし13万だったら2にしています。
13万出せば単体できっちりミドルレンジ下位の性能を出せかつXPまで選択できるNA801が買えてしまう、サポートの質まで考えるとどうして推薦できるのか考えてしまいます。
少し前の質問BBSでの私の回答「もしかしたら8600M系の方が高性能かもしれません」のとおり、どころかMHFやDMC4の結果は8400MGSか9300MGS程度のスコアです。
デザイン買いならOKですが高性能モバイルとしての購入はよく考えるべきです。
あとグラフィックですが9500Mがないため9500MGSを便宜上選択しています。(※修正OKです)