HOME > レポート一覧 > STMBEさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-Z90US  STMBE さん

 No. 2754

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.4 5.9 4.4 5.1 5.8 4.4
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.79.4781.17
512k37.7157.48
4k0.571.376
型番WD3200BJKT
3DMark06 2278
3DMark05 3946
FF11v3 高解 4861

3年近くメインに仕事で酷使してきたLaVie LA700/DDが、そろそろ限界に来て(よく働いてくれています)、その前のU101のように突然故障する前に、次の機種を探していました。最後まで、VAIOのtypeT、富士通のLOOX R/C70、東芝のdynabook SS RX2との間で悩みましたが、2009/02/27にソフマップドットコムで見つけた中古のVAIO VGN-Z90USが値段も下記の仕様では破格ともいる187,799円でしたので、ソフマップワランティ3年間完全補償をつけて、その場で注文しました。

外装ボタニカル・ガーデン
OSWindows Vista Ultimate(日本語版)Service Pack 1 正規版
CPUIntel Core 2 DuoプロセッサーP9500 2.53GHz
メモリ4GB DDR3 SDRAM PC3-8500
GPUNVIDIA GeForce 9300M GS 256MB
液晶13.1型ワイド(16.9)クリアソリッドWXGA++ 1600x900ドット
ドライブブルーレイディスクドライブ
HDD320GB、5400回転/分
Fericaポート内蔵
指紋センサー搭載
セキュリティーチップ搭載
カメラWebカメラ搭載
キーボード日本語配列
バッテリー標準バッテリー(S)

ソニースタイルでこの仕様で注文すると+10万円以上高くなるので、良い買い物をしたかなと思っております。これに決めたポイントは、まず1600x900の解像度、これは店頭モデルでは得られません。仕事をする上で、モバイルでこの広さは魅力的です。また、P9500も重要な点で、しょっちゅう持ち歩いている私としては、35WのT9600では、発熱も大きく、バッテリーのもちに影響することが見えていましたので、その下でありながら、L2キャッシュ容量6MBをキープしたP9500は重要です。また、ブルーレイもポイント一つ、この点は、typeTとの間で散々悩みましたが、あとあと、HDDをSSDに置換することを考えている私としては、分解しやすさ、2.5インチなどのポントから、Zに決めました。

尚、受け取ってから、CrystalDiskInfoで調べてわかったのですが、HDDが320GB(5400回転/分)ではなく、WDCのWD3200BJKT 320GB(7200回転/分)であることが判明、外箱には5400回転/分と書いてあるので、ん〜これは、前の持ち主がすでに改造した物だったんだな〜と、だから、安かったのだろうか???といろいろ考えましたが、CrystalDiskMarkの値も上がっていますし、そのうちSSDに置換も考えておりましたので、これで良しとしました(笑顔)。ただ、ソフマップワランティ大丈夫なのだろうかと一抹の不安(汗)。どうせなら、がんがん改造してくれてインテルSSD160GBを二個中身を出して、ソニー独自のRARD0ケーブルでつないで320GBでもしてくれていたら、何でもOKでしたが、、、(笑)。

ベンチマークをいろいろはかってみました。ただ、モンスターハンターフロンティアは、どの解像度のものをのせれば良いのか悩みましたが、取り敢えず、800x600の値をのせておきました。それ以外の解像度での値は、以下の通りです。

解像度スコア
800x6001730
1024x7681114
1600x900613

FF11 Vana'diel Bench 3 Ver1.00 Lowの結果は以下の通り、

Low FFXI3 8006

昔のOpenGL(GL Excess v1.2v)も走りましたが、最後の結果表示が出ず(Vistaの影響でしょうか)、値はわかりませんが、途中経過は、素晴らしいものでした。昔(といっても5,6年前ですが:VAIO GRレポート)、同じバイオのPCG-GR5Fでオメガドライブをいれて何とか走らせていた3DMark2001SEが、10倍以上で爆走するのを見るのは感動物です(涙)。下記に、古い3DMarkベンチの値を示します。

ベンチマークスコア
3DMark200020204
3DMark2001SE16450
3DMark036542

32bitのVistaでは、3GBのメモリーしか認識されませんので、RamPhantom3を使って、残りの1GBをRAMディスクにして、テンポラリーファイルなどを入れて使っています。そのCrystalDiskMarkの値は下記の通りです。これはもう爆発していますね(笑顔x3)。そのうち小さな内蔵バックアップバッテリーでも出来てSSDもこうなるのでしょうか。やはり鍵は電池ですね。

CrystalDiskMark 2.2

 Read [MB/s]Write [MB/s]
Seq30631989
512K33742119
4K160.1137.6
型番DD3 SDRAM PC3-8500

あとPCMark5の値は5785でした。CrystalMark09の値は以下の通りです。

CrystalMark : 119840
[ ALU ] 24545
[ FPU ] 23712
[ MEM ] 14241
[ HDD ] 9655
[ GDI ] 7773
[ D2D ] 6929
[ OGL ] 32985

The Last Remnant ベンチはフルスクリーンで下記の通りです。

解像度スコア
800x60024.75
1024x76817.42
1600x9009.19

Lost Planet EXTREME CONDITION は下記の通りです。最初に実行するとへんな警告が出ますが、再実行すると動きます。

解像度AverageSnowCave表示
800x600141621フルスクリーン
1280x72012912ウインド
1920x1080446外部モニター

NVIDIA nTune 5.05.47.00 でオーバードライブと思いましたが、残念ながら、やはり駄目でした。ただ、GPUのコアクロックとメモリクロックは測定できましたので、記入しておきました。

とにかく、「名機レベル」です。ただ3DMark Vantageが何度やっても途中でかたまり、今後の課題です。またリポートします。


------------------------ 2009.6.1 追記 ------------------------

1280×720で実行したモンスターハンターフロンティアの結果を追記します。3DMark Vantageは何度やってもだめですね。ミニマム解像度は、外部モニターでクリアーして、ベンチが動くことは動くのですが、途中でエラーで止まります。エラーリポートだけが、むなしく、FutureMarkに行っています(悲)。ドライバーに問題があるのでは、と思いますが、苦戦中。できた方、教えてください。
また、前回、リポートを送った直後、液晶に異常発生。写真のネガポジのように反転してしまいましたが、ソフマップワランティで無事修理できました(良かった)。液晶が新品になって、しかも一週間で戻って来ました。現在、仕事のメインマシーンとして順調に稼働中。

HDD換装後らしき仕様の中古ソニスタモデルをゲットされています。ワランティは確かに気になるところです。あとで「あとからHDD換装したでしょ? 対象外です」なんてことにならぬよう、いまのうちに申告しておいた方がいいのかな? 懐かしいベンチマークもたくさん載せていただいています。

ソニスタならではの高解像度が魅力の1つですね。店頭売りは1366×768のみで、1600×900は扱いがない仕様なので店頭では中古を買うしかありません。13.3型で1600×900というのは完全に解像度が何かをわかったユーザーが買う代物といえます。「解像度って何?」という一般ユーザーが買うと逆に使いきれずに見づらいと不満が募るかもしれませんね。

RamPhantom3はアイオーデータ製のRamディスク作成ユーティリティです。海外のフリーウェアもありますが、日本語で設定ができるなど導入しやすいのが利点で、展示会でアイオーの人に話を聞いた限りではかなり売れているらしいです。ハードでは考えられないほど利益率が高いので助かってますとも言ってましたね。USB HDDの価格競争を見てるとそれも頷けますが^^;

※モンハンベンチの設定は記載しておらず、すみませんでした。現在は記載してありますが、1280×720でお願いします。 [2009-3-23]

  •  ロストプラネット エクストリーム (C) 2006-2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > STMBEさんのユーザーレビュー