デル Studio 1737

GPU
Mobility Radeon HD 3650
◆ 購入のきっかけと価格
昨年末から家中のPCに次々不調が発生のため今回は弟用です。
GW中のキャンペーンで約\120,000-購入。
その他オプションは、HDD320GB、DVDスーパーマルチ、WUXGA液晶、Bluetooth、4年間のコンプリートケア等。

◆ 体感速度の変化
最近似たようなスペックのPCを触りなれているためか変化はありません。

◆ 液晶の質
ハードウェアIDはLGD0135です。
RGB液晶を選択するか最後まで相談しましたが予算オーバーで断念したためギャンブル性が高く到着まで一番不安のあった部分でした。
発色は多少の調整はしましたが良好です。また視野角と低反射処理にも不満がないですね。
余談ですが液晶よりもパームレストに激しい写りこみがあります。

◆ キーボード:配列やタッチ
配列は最近のDELLとしてはまともなEnterの右側にkeyのないタイプ(10keyは別)でミスタイプも少なく良好ですが、keyはチャカチャカしていて微妙です。
エクセル入力が多いので10Keyがついているのは弟には好評です。

◆ サウンド
ブランド付きスピーカーと違いますので元から期待していませんでしたがノートPCの内蔵品の域からでない程度です。必要なら外付けしたほうがいいでしょう。
その他変わった点としてイヤホンジャックが2つあります。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
一昔前のDELLと違って仕事以外ではあまり使いたくないデザインから随分良くなっていますね。重量級マシンにふさわしくがっしりしたつくりです。
コネクタは現在の一般的PCに付いているものは全部ありますので不満はありません。
USBの配置は微妙です。特に右側の2つはDVDドライブの真下と電源ケーブルに干渉する位置にあり使いにくいです。

◆ 排熱・静粛性:筐体の温度、HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
大型な筐体ゆえかあまり熱くならないので安心感があります。
冷却ファンもブンブン回ることもなくあまり気にならないです。
スロットイン式のDVDドライブは使い勝手はよいのですが、ディスク挿入時のメカニカ音はうるさいですね。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
やめた方がいいでしょう。無理です。
ACアダプタはDELLといえば巨大な印象がありましたが、薄型のタイプでこのクラスの電源としてはコンパクトです。

◆ その他
いつものシルクロードオンラインに加えてイースオンラインもやってみましたがどちらもさすがにWUXGA解像度でフルオプションは無理があります。
ミドルレンジGPUとWUXGAの組み合わせなら設定は中程度で遊ぶのが無難です。

◆ 総評
4年間のコンプリートケアに\17,000-ほどかかっていますので、PC本体分は10万円ちょっとと考えればコストパフォーマンスは良好です。むしろこの価格だと延長保障費用が相対的に高くなってしまいそのへんを納得してもらうのに説得が必要でしたがさすがに延長保障なしでは怖くて買えません。
また縦の解像度が1080ではなく1200あるものを選択できるのも今後少なくなるでしょうから買い時だったかもしれません。