ASUS ASUS N10Jb

GPU
GeForce G105M
◆ 購入のきっかけと価格
きっかけは、メイプルストーリーをネットブックで動作させている話をほとんど見なかったため、どういう動作をするのかが気になっていたためです。
価格はsofmapにて59,800円でした。(N10Jcが49,800円で売られていて最後まで悩みました。)

◆ 体感速度の変化
装備されてるCPUがAtomということもあり、ブラウザでのストリーミング鑑賞では普通のネットブックと大差ありません。しかし、GPU再生支援機能が対応している動画再生ソフトと動画形式での鑑賞はネットブックとしてはすばらしい性能を誇ります。
再生ソフトにMediaPlayerClassicHomeCinema、動画形式にH264の1280x720 24fpsを用いて再生してみましたが、CPUの負担はほとんどなく、HDMIにてフルハイビションテレビに出力しても、映像・音声ともに出力され、再生もスムーズでした。

◆ 液晶の質
光沢の液晶を購入したのは初めてなので、見栄えは大変良いですが、やはり解像度の問題が大きいです。輝度はなかなか高いです。

◆ キーボード:配列やタッチ
可も不可もないレベルです。指が不自由するほどキーが小さくないので入力も不自由はありません。

◆ サウンド
小さいPCとしてはまともな方とはいえますが、過度の期待は禁物です。SRS Premium Soundを使用し、音楽用設定にすると音割れしたりすることが度々ありました。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
特に不満のある箇所はありません。

◆ 排熱:筐体の温度
それほど熱くはなりません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
フルパワーで動作させた際に冷却ファンの音が少しする程度で、それ以外の時は静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
このサイズのネットブックとしてはかなり重いです。その他の点は普通です。

◆ その他
まず店頭で旧機種との比較でモンスターハンターのベンチマークの数値比較をしましたが、全く変化がありませんでした。3DMarkでもほとんど変化がなく、一体どう違うのか首をかしげる結果となってしまいました。旧機種で外部出力に1920x1080が存在しなかったため新機種を購入しましたが、ドライバ等で改善出来るならば旧機種を買ったほうがいいかもしれません。

◆ 総評
他の比較を考慮しなければ、なかなか面白いPCです。GPUを生かした使い方(処理・外部出力)をするといいと思います。

MapleStory (G105M使用) ★★★☆☆
MapleStory (GMA950使用) ★★☆☆☆