東芝 dynabook Qosmio G50/97H

GPU
GeForce 9600M GT
◆ 購入のきっかけと価格
持ち運べるパソコンが欲しくなったのでいろんな店舗を探していたところ、
最終的にSofmapの中古でこれを発見し、どういうわけか持ち運べないノートを買っていました。
一緒に悩んだのはSonyのAW50とAcerの8930Gでした。

◆ 体感速度の変化
今までのパソコンがセレロン+XPだったのですが、Vistaに変えても4GBのメモリのおかげでほとんど変わらず。
むしろ速くなったぐらいです。

◆ 液晶の質
奇麗だと思います。かなり映り込みがありますが,あまり気にしないほうなので。

◆ キーボード:配列やタッチ
なれれば問題ないと思いますが、Enterが小さいのはどうしようもないですね…。

◆ サウンド
個人的にかなり気に入ってます。ウーファーがあるので低音もよく出てるんではないでしょうか。
ただ、ヘッドホンでは強調されすぎですが。調整すれば問題ないかと。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感:テカテカしてます。指紋がものすごく気になるので、定期的に眼鏡拭きで拭いています。
   表面の模様とか、スピーカ部のクリア素材などは良いと思いますね。
強度:ヒンジがかなり硬い上に液晶側の剛性が低いので端を持って開けようとするとかなりたわみます。
   キーボード側は問題ないです。
コネクタ:何で右手前にUSB2個作っちゃったんだろ?
     音声入力/出力は正面にほしかったです。

◆ 排熱:筐体の温度
躯体の温度で気になるところはないです。
排熱は少し熱いですがそれ以上にACアダプタの温度がおかしいぐらいに熱いです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンの音が少し気になりますが、それなりだと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽さ:期待してません。持ち運べないことはないです。
ACアダプタ:熱いです。大きさは「ちょっとでかいかな?」ぐらい。
バッテリー:一時間ぐらいです。ずっとACアダプタをつないでいるので問題ないです。

◆ 総評
でかい!重い!ばかなの?死ぬの?って感じですが、
中古で149800円で買ったので「値段の割には」と考えるとかなり頑張ってくれます。
HDDの増設ができないことが残念です。スペースはあるはずなんですが…。